「ナナシ的エンタメすたいるNet」は移転しました。
New blog「ナナシ的エンタメすたいるNetプラス
http://blog.livedoor.jp/nanasee/

2008年09月15日

「おくりびと」

20080915a.jpg
渋谷シネパレスにて先日公開した「おくりびと」を観てきました。
チェロ奏者からひょんなところから
遺体を棺に納める"納棺師"になり、
仕事を通じて触れた人間模様や社長の指導により成長していく
感動ドラマ。
チェロ奏者から納棺士になった大吾に本木雅弘
その妻に広末涼子
面接で即採用した納棺サービスの会社社長に山崎努など
実力派がそろう。
監督には「壬生義士伝」の滝田洋二郎があたり、
人気放送作家の小山薫堂が初の映画脚本に挑戦。
納棺士を題材の映画は旅先で遭遇した納棺の儀式に
感銘を受けた本木の発案だという。
重くなりがちなテーマだけに感動あり
そして軽快に物語は展開していきます。

所属する東京のオーケストラが解散し職を失った
チェロ奏者の大悟(本木雅弘)は
演奏家を続けることを諦め、
故郷の山形へ妻の美香(広末涼子)を連れて戻った。
まずは職探しで好条件の求人広告を見つける。
早速、求人広告で見つけたNKエージェントに面接に出かけるが、
社長の佐々木(山崎努)に即採用される。
その仕事内容は、遺体を棺に納める納棺師の仕事だった。
戸惑いながら佐々木の指導のもとで新人納棺師として働き始めた。
妻の美香には納棺師とはいえず冠婚葬祭関係の仕事と告げてしまった。
遺体を棺に納める所作を修得した徐々に慣れ始めた大悟だったが、
ある日の晩に美香に納棺師の仕事がバレテしまう。
美香は遺体を取り扱う仕事に偏見をもたれてしまい、
納棺師の仕事を続ける意思が揺らぎ始めてしまう。

葬儀を何度か立ち会いましたが、
遺体をきれいにして棺を納める納棺師について知りませんでした。
納棺師に限らず葬儀屋や火葬場の職員など
世間は偏見を持たれていまう職業ですが、
必ず誰かがやらなければいけない必要な仕事ですからね。
遺体を見ると怖い部分もありますが、
納棺師は肌を見せずに着替えさせて、
そして生きているようにきれいにする仕事は職人技術ですね。
本木さんや山崎さんは自然に演じているのに素晴らしいですね。
映画の中では、ニューハーフの女性や若くして亡くなった母親や
顔にキスされたお爺ちゃんや交通事故で亡くなった女子高生など
様々な人たちが出てきますが、遺族に感謝されてる姿に感動しました。
予断なのですが、映画なので遺体は生きた人間なので、
オーディションで選ばれた女優さんもいるとか。
今年の春に祖母が亡くなった時に苦しんで解放された顔でしたが、
エバーミングの処置で綺麗になるのですから、
立派な仕事だと思います。
話がそれてしまいましたが、全体的に涙ありの感動作ですが、
多少笑いありの軽快さがあり
今年の映画上位にはいる名作になるでしょう。


Na'see的ナットク度(満点5点中)
★★★★★





banner_02.gif←見たらクリックのご協力お願いします。
posted by Na’See at 20:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106612454
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

「おくりびと」仕事を理解してわかった故人をおくりだす素晴らしい旅のお手伝い
Excerpt: 「おくりびと」はチェロ奏者の主人公がオーケストラの解散で職を失って故郷の山形へ帰郷した先で就職活動をしていたが、ひょんな事から納棺師の仕事に就職する事になり最初は戸惑いながらも次第に納棺師としての仕事..
Weblog: オールマイティにコメンテート
Tracked: 2008-09-15 22:28

納棺師
Excerpt: 「おくりびと」 「おくりびと」を観て…。 おくりびと映画「おくりびと」海外からの高い評価 本木「いい風が吹いている」広末涼子が納棺師の妻役で感じた夫婦のあり方心と気持ちが、優しくなれる映画。
Weblog: ロキタンスキー症候群 とは
Tracked: 2008-09-16 06:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。