「ナナシ的エンタメすたいるNet」は移転しました。
New blog「ナナシ的エンタメすたいるNetプラス
http://blog.livedoor.jp/nanasee/

2009年05月12日

伊勢丹吉祥寺店 2010年3月閉店

20090512i.jpg
長引く消費不況で厳しい状況に置かされているデパート業界。
勝ち組に入る伊勢丹も吉祥寺店を来年3月に閉店する。
吉祥寺といえば都下で有数の大繁華街で、
伊勢丹をはじめ、東急、パルコ、丸井などがあり百貨店の激戦区。
かつては東京で唯一の近鉄もありました。

20090512j.jpg

吉祥寺の伊勢丹は駅から目の前ではなく、
少し離れた位置に伊勢丹はあり吉祥寺では初の都市型百貨店として
1971(昭和46)年にオープンしました。
決していい立地条件にも関わらず吉祥寺の顔として
長年親しまれてきたのも
武蔵野市の吉祥寺周辺の巧みな街づくり戦略によるもの。
地元商店と大型商業施設の棲み分けは成功しているにも関わらず、
伊勢丹吉祥寺店の閉店は意外だった。
伊勢丹が過去に閉店した店はほとんどなく、
小倉と八王子の店を閉めた2つのケースのみ。
あの勝ち組でさえてもデパート業界は厳しいというわけだ。

20090512k.jpg

伊勢丹と同じグループの三越も先日池袋店閉店し、
そごうも本店の心斎橋を閉店し、大丸へ売却と
大都市でも閉店も珍しくなくなった、
今後も閉店する店も出てくるのだろう。

吉祥寺の顔がまた一つ消える。

banner_02.gif←見たらクリックのご協力お願いします。
posted by Na’See at 23:30| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 新名所・お店・スポットネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
正直、我が家はホッとしました。うちの94歳、超婆が毎月、吉祥寺店で何百万と買物をしています。だいぶ認知になりかけで、得意先の女性が自宅に商品を届けに来ても買った事はすっかり忘れて、着物、ブランドの茶碗、仕立ての洋服、など未使用の商品が山のようにあります。社員にこれ以上売らないでくれ!と頼んでも、本人の意思だから・・・と話になりません。おまけにお気に入りの社員とレストラン街の寿司屋に行き、奢ってしまう始末。社員も奢って貰う癖がついていますから平気な態度。特定の大口の顧客と一般の通りすがりの客とでは店員は態度違いますよ。このニュースは我が家にとっては朗報ですが、これからの高齢化社会に認知の顧客にどう対処するかをもっと考慮してもらいたいです。犠牲者をこれ以上増やさないためにも。
Posted by 栄枯盛衰 at 2009年05月12日 23:59
>栄枯盛衰さん
はじめまして。
コメントありがとうございます。
認知症にかかっている方はご苦労があるでしょうし、大変でしたね。吉祥寺にはまだデパートがありますから、大変でしょうけどおばあさんを支えてくださいね。

Posted by Na’See at 2009年05月13日 23:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119296090
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。