「ナナシ的エンタメすたいるNet」は移転しました。
New blog「ナナシ的エンタメすたいるNetプラス
http://blog.livedoor.jp/nanasee/

2009年06月03日

ウイロードとビックリガード

20090603a.jpg
ターミナル駅には東へ西へと行き来することが多く、
連絡通路は付き物。
そんなターミナル駅といえば池袋。
池袋は東口と西口に分かれますが、2つの連絡通路が結びます。
まず北側にある「ウイロード」。
P'Parco付近から東武百貨店北側にある連絡通路で、
西口と東口とを結ぶ重要な連絡通路となっています。

20090603b.jpg

20090603c.jpg

20090603d.jpg20090603e.jpg20090603f.jpg20090603g.jpg
各画像をクリックすると大きく見れます。

20090603h.jpg

20090603i.jpg

ウイロードという愛称ですが、
正式には雑司が谷隧道という連絡路です。
1986(昭和61)年に改修され、「ウイロード」と名付けられました。
ちなみに「ウイロード」のウイの意味は
池袋の東(EAST)と西(WEST)を結ぶ「私たち」(WE)という
英語などからきている。

20090603j.jpg

20090603k.jpg

20090603l.jpg20090603m.jpg
各画像をクリックすると大きく見れます。

20090603n.jpg

もう一つの連絡道路は南側にある「びっくりガード」です。
ホテルメトロポリタンと西武池袋駅西武南口にある連絡道路で、
連絡通路というより立体交差のような連絡道路です。
正式名称は鉄道橋が都道池袋架道橋、道路が池袋南交差ですが、
1963(昭和38)年に完成しました。
ところで何故びっくりガードと呼ばれたのでしょうか?
いくつか諸説ある。

20090603o.jpg

20090603p.jpg20090603q.jpg
各画像をクリックすると大きく見れます。

20090603r.jpg

電車通過の轟音に、人が驚いたり、馬が暴れたりした。
立体交差自体が珍しく、驚いた。
一本道と思ったらガード下に交差点があって、
横道からの人車に驚いた。
道幅が狭く、自動車はすれ違いが難しく、
対向車が来ないかおっかなびっくり、来るとドキッとした。
排水が悪く、ガード下が池のようになっていることが多かったから。

20090603s.jpg

上記の説があり何故そのように呼ばれるようになったかわ不明である。



banner_02.gif←見たらクリックのご協力お願いします。
posted by Na’See at 00:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊島区の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。