「ナナシ的エンタメすたいるNet」は移転しました。
New blog「ナナシ的エンタメすたいるNetプラス
http://blog.livedoor.jp/nanasee/

2009年07月15日

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」

20090717b.jpg
WMC市川妙典にて、
ハリー・ポッターと謎のプリンス」を観てきました。
世界的ベストセラー小説「ハリーポッター」シリーズの映画版第6弾。
主人公ハリー・ポッターと仲間たちが、
邪悪なヴォルデモート卿との最終決戦に向け、彼の弱点や過去を探る。
原作は本年クライマックスを迎え、映画も残る3本となる。
最終章に向けて、明らかくなる謎や新たな展開に目が離せません。

闇の帝王ヴォルデモート(レイフ・ファインズ)がマグル(人間)、
魔法使い両方の世界における支配力を強めようとし、
ホグワーツはもはやかつてのような安全な場所ではなくなってしまう。
ハリー(ダニエル・ラドクリフ)は学校の中にも
危険が潜んでいるのではないかと疑うが、
最終決戦が迫っていることを知っている
ダンブルドア校長(マイケル・ガンボン)は、
ハリーに戦いの準備をさせることに力を入れる。
二人はヴォルデモートの防御を解く手がかりを見つけようと、
旧友であり元同僚でもある
ホラス・スラグホーン(ジム・ブロードベント)を
魔法薬学教授として学校に迎える。
一方、ホグワーツにはロマンスが訪れ、
学校全体に恋愛ムードに浮き立っているが、
悲劇の運命は近づいていた…。

「ハリーポッター」シリーズを欠かさず見てきたのですが、
ハリーたち面々が作品の数を重ねる上で
子供から大人になってきていますね。
どうしても年齢的にも恋愛やコメディータッチな要素は含んできて、
雰囲気的に初回とだいぶ変わってきていますね。
今回はホラー映画っぽいような展開なので、
観終わった時、重苦しい感じでしたね。
校長が謎の死で終わっていますから、次回に持ち越しということで
少し消化不良でなにかスッキリとしなかったです。
次回作はどうなるのでしょうか。。。。。。。


Na'see的ナットク度(満点5点中)
★★★




banner_02.gif←見たらクリックのご協力お願いします。
posted by Na’See at 22:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「ハリー・ポッターと謎のプリンス 」2時間半の前菜が始まった、...
Excerpt: 「ハリー・ポッターと謎のプリンス 」★★★☆ ダニエル・ラドクリフ 、ルパート・グリント 、エマ・ワトソン 主演 デヴィッド・イェーツ 監督、2009年、155分、アメリカ 映画のランキ..
Weblog: soramove
Tracked: 2009-07-30 15:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。