「ナナシ的エンタメすたいるNet」は移転しました。
New blog「ナナシ的エンタメすたいるNetプラス
http://blog.livedoor.jp/nanasee/

2009年09月06日

追悼 赤塚不二夫展を見に行く 

20090905a.jpg
昨年8月に逝去した漫画家赤塚不二夫さんの一回忌の節目を偲んで
銀座松屋にて行われている「追悼赤塚不二夫展」を観てきました。
「天才バカボン」、「おそ松くん」、
「もーれつア太郎」などギャグ漫画から
「秘密のアッコちゃん」などの作品を生んだ漫画界の巨匠赤塚不二夫の展覧会。
数々の作品の原画からデビュー前の作品や肉筆の同人誌「墨汁一滴」、
トキワ荘時代の写真など展示されています。

ギャグ漫画の天才と呼ばれるほどの才能だけに
意欲的なユニークな漫画やコスプレ女装の写真などもあり
大変ユニークな面白い方だったんだなぁーて思います。

赤塚作品だけでなく、「シェー!の部屋」では
やなせたかしのアンパンマンや藤子不二雄Aの喪黒福造や
秋本治の両津勘吉、弘兼憲史の島耕作などの
人気キャラクターの「シェー!」ポーズをする
描き下ろしたイラストから
黒柳徹子、坂本龍一、タモリ、明石家さんま、中川翔子など著名人が
「「シェー!」ポーズをする写真なども展示がありました。

20090905b.jpg20090905c.jpg
各画像をクリックすると大きく見れます

国民的ねギャグやキャラクターを生んだ赤塚不二夫さんの偉大さを
あらためて凄さを感じました。

展覧会は7日まで行われています。

追悼 赤塚不二夫展 ギャグで駆け抜けた72年
http://www.fujio72.com/


追悼 赤塚不二夫展 ギャグで駆け抜けた72年
開催期間・2009年8月26日(水)〜2009年9月7日(月)
開場時間・10:00〜20:00(入場は閉場の30分前まで、最終日は17:00まで) 
会場・松屋銀座店8階催事場

入場料(当日券)・一般1000円、高大生700円、中学生以下無料

banner_02.gif←見たらクリックのご協力お願いします。
posted by Na’See at 00:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術・文化・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。