「ナナシ的エンタメすたいるNet」は移転しました。
New blog「ナナシ的エンタメすたいるNetプラス
http://blog.livedoor.jp/nanasee/

2009年09月06日

『サブウェイ123 激突』

2009090614.jpg
TOHOシネマズ日劇にて一昨日公開された
サブウェイ123 激突 』を観てきました。
大都市ニューヨークに張り廻りされた地下鉄が何者かに乗っ取られ、
その犯人と交渉役を任せられた地下鉄職員との
手に汗握る交渉劇を描いたサスペンス・アクション。
頭の切れる武装グループのリーダーを演じるジョン・トラヴォルタと、
彼との交渉役を務める地下鉄職員役のデンゼル・ワシントンとの
頭脳戦が見所です。
監督は英国映画界の巨匠トニー・スコット監督が
1974年に公開された『サブウェイ・パニック』のリメイク化している。

午後2時のニューヨークの地下鉄。
突如4人組の男が地下鉄をジャック、乗客を人質に立てこもった。
犯人のライダー(ジョン・トラヴォルタ)は無線で
地下鉄運行指令室に連絡し、
59分以内に市長に1,000万ドル用意させろと要求。
連絡役には最初に無線で話をした
地下鉄職員のガーバー(デンゼル・ワシントン)を指名してきた。
犯人との交渉役に就くガーバーだが、
彼はある容疑で左遷されたばかりで……。

予告を見て、是非観たい映画だと思い早速観てきました。
交渉とう心理戦を重点にアクション性は低い映画だと分かっていましたが、
結末や展開が粗雑過ぎてツマラナイまま観終わってしまいました。
途中で寝てしまうくらいですから、期待はずれの映画でした。
久しぶりの出来の悪い映画でがっかりです。


Na'see的ナットク度(満点5点中)
★★




banner_02.gif←見たらクリックのご協力お願いします。
posted by Na’See at 18:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127440028
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

豪華共演に魅せられた!☆映画『サブウェイ123 激突 / THE TAKING OF PELHAM 1 2 3』☆
Excerpt: ジョン・トラヴォルタとデンゼル・ワシントンが共演なーんてキャスティングじゃぁ〜、観ないわけにはいかないでしょってことで、観に行ってきました♪ トラヴォルタが悪役、デンゼル・ワシントンが善人役って..
Weblog: honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜
Tracked: 2009-10-12 21:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。