「ナナシ的エンタメすたいるNet」は移転しました。
New blog「ナナシ的エンタメすたいるNetプラス
http://blog.livedoor.jp/nanasee/

2006年06月10日

嫌われ松子の一生

20060610a.jpg
嫌われ松子の一生」を見てきました。
山田宗樹の同名ベストセラー小説を
「下妻物語」の中島哲也監督が映画化。
不幸な悲恋の生涯を遂げた松子というヒューマンストリードラマ。
主演の松子には「電車男」でエルメス役を演じた、
中谷美紀が波乱万丈の川尻松子を演じる。
教師からソープ嬢や殺人まで犯してしまう悲恋な姿を見事に熱演。
松子をとりまくかかわる人には
ベテラン俳優からお笑い芸人まで30人の豪華競演陣。
悲恋というよりコミカルところも映画のポイントです。

昭和22年に福岡県大野島で女の子が生まれた。
その名は川尻松子(中谷美紀)。
松子はお姫様のように幸せな人生に憧れていた。
23歳で教師になり希望を持ってさあこれからというときに、
修学旅行で窃盗事件が起き、
同僚教師のせいでクビになってしまった。
ここからエリート街道から転落の一途が始まる。
松子は愛を求めてさまざまな男が現れ、
恋をするが不幸に失敗するばかり。
挙句の果てにはヒモの男性を殺し、
刑務所入りというどん底人生。
破局を繰り返し、やがて男不信になり孤独生活なり、
53歳に河川敷で死体となって発見された。
松子の甥が彼女の人生を探ることに。。。。

かなり悲惨な映画でしたね。
松子を見ているとあまりにも可愛そうで、
ほろりときそになったよ。
兄弟もそんなに嫌うことないのにねって
ぼやきたくもなりますがね。
逆の意味では「生きる意味って?」を問う映画ですね。
悲惨でも明るくコミカルに描いてましたね。
中谷さんは今まで見たことない顔やデフォルメした姿など
松子自身を演じきってましたね。
松子を中谷さんしかできないですね。

それにしても過激な演出でしたね。PG-12指定ですからね。
映画の途中で時代を表す挿入曲で

あなたの心に/中山千夏(1969)「♪あなたの心に 風があるなら」
水色の恋/天地真理(1971)「♪さよならの言葉さえ 言えなかったの」
古い日記/和田アキ子(1974)「♪あの頃は ふたり共」

いい選曲してますよね。
他に木村カエラ「トゥリル トゥリル リカー」に
BONNIE PINK「LOVE IS BUBBLE」に
AI「What Is A Life」と贅沢に豪華ですよね、

また共演者たちも豪華だし見てのお楽しみということで、
言いません。

予想以上によかったけど、女性向けの映画という印象がしました。


ナナシ的ナットク度(満点5点中)
★★★★




banner_02.gif蔵見たらクリックのご協力お願いします。


posted by Na’See at 00:10| 東京 ☔| Comment(8) | TrackBack(81) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ナナシさん、こんにちは♪
あまりに悲惨なお話ゆえにこのようにエンタメにしてもらってよかったと思います。
挿入曲は懐かしいものあり(若い人は知らないんでしょうね〜)、新しいものありでとても楽しめました。
中谷美紀ちゃんは監督にずいぶん絞られたそうですが頑張った甲斐がありましたね〜。
Posted by ミチ at 2006年06月10日 07:48
 TBありがとうございますm(_ _)m

 松子は、言葉や態度と言った表面的
なモノで人を見極め過ぎてしまったの
かもしれないですね。もっと「心」の
優しさに気付くことが出来れば彼女の
「生きる意味」は、自ずと見えてたか
もしれないと感じました。
Posted by たましょく at 2006年06月10日 19:19
はじめまして。
TBありがとうございます。
松子の人生って、客観的に見ると「何て悲惨な人生なんだろう」って思うんですが、
松子的には結構幸せな人生だったのかなぁって思ってしまいました。
男運はまるで無かったけど、ひたすら愛に生きる人生もありかなって。
ただ、最後の死ぬところは、悲しすぎるけど…。

Posted by pocha-ko at 2006年06月11日 00:40
TB有難う御座いました。
原作では、映像化不可能では?と
感じるほどの結構過激な描写も
有りましたので、中谷が何処まで
悲壮な人生を演じるのか楽しみに
しておりましたが…。

松子は、後悔しない人生を
送ったんだなと改めて感じました。
他人から見れば悲惨なだけの人生でもね!
Posted by hiropoo at 2006年06月11日 13:33
>ミチさん
こんにちは。
内容は悲惨だけど、
乙女ちっくな映画ぽっかたのと中谷美紀ちゃんの演技がよかったからじゃないかな。
監督に縛られてがんばった甲斐があったね。
挿入曲は名曲ばかりでいい選曲だなぁーって思いましたね。

>たましょくさん
コメント&TBありがとうございます。
そうですね。見極めすぎたかもしれませんね。
もうちょっと生きる意味を見つけてほしかったですね。

>pocha-koさん
コメントありがとうございます。
一見悲惨そうに見えるけど、
松子的には幸せな生き方だったんでしょうかね。
最後は悲しい人生の終わり方ですね。

>hiropooさん
コメントありがとうございます。
過激な描写は多かったですね。
中谷美紀ちゃんは松子に
なりきって演じきってましたね。
悲惨だけど、彼女なりに後悔しない人生を送ったんでしょう。

Posted by ナナシ at 2006年06月11日 14:38
トラックバックをいただいたようで、お礼に参りました。
そうそう、選曲が良かったですね。サントラ盤の購入を考えています。
過激な描写については、その中に黒い笑いが忘れずに入っているので、余計に怖いし可笑しいし、というのが個人的な感想です。特に、足の親指と心中のオチが印象的でした。
Posted by at 2006年06月11日 22:27
TBありがとうございます♪

映画は大変面白かった&泣けました。悲惨さに涙、というより彼女の一途さ、けなげさに涙。お父さんを笑わすシーンとか切なくて。
「まげてのばして」の歌を聴くと思い出します(そしてまたこみあげるものが)。

原作も読みましたが更に悲惨でしたね。
映画の方が好きかな。映画の方を先に見たからかも。

中谷美紀は主演女優賞ですね。

Posted by peruko at 2006年06月12日 13:36
>咲さん
コメントありがとうございます。
自分も選曲がよかったから
サントラ盤を買おうか考えています。
悲惨さの中にオチはありましたからね。
まあまあ満足な内容でした。

>perukoさん
コメントありがとうございます。
一途さがよかったですね。
それがせめての救いだったのかな。
中谷美紀ちゃんはがんばりましたよね。
Posted by ナナシ at 2006年06月14日 11:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

嫌われ松子の一生
Excerpt: 「下妻物語」と言えば、前も書きましたが、私の終身名誉映画。永遠の1位です。未だに観ていないなどと言う不届き者は、日本にはもう居ないと思いますが、万が一観てない場合は今すぐレンタル屋にダッシュして観るべ..
Weblog: 欧風
Tracked: 2006-06-10 00:36

『嫌われ松子の一生』
Excerpt: ----『下妻物語』の中島哲也監督の新作。 前作が大絶賛されただけに注目度も高いよね。 「う〜ん。これはある意味、スゴい問題作だね。 どう評価していいのか、 一言で言えばこんな映画観たことがない。 こ..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2006-06-10 00:51

嫌われ松子の一生
Excerpt: めくるめく転落人生。この映画の中で、荒川良々との出会いが一番ハッピーに見えたこと、そのものが一番悲しい...(つд⊂) 松子さん、あなたの人生っていったい.... 【2006年 日..
Weblog: こっちゃんと映画をみまちょ♪
Tracked: 2006-06-10 01:17

映画「嫌われ松子の一生」
Excerpt: 昭和22年福岡で生まれ、男に恵まれず堕ちて53年の生涯を荒川の河川敷で閉じた一人の女性。山田宗樹の小説"嫌われ松子の一生"の映画化。 川尻松子(中谷美紀)、物語は..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-06-10 01:45

嫌われ松子の一生
Excerpt: ポップでディズニー的?なミュージカル仕立ての底抜けに明るい映画と思いきや…ちょっとほろり(いや、涙ぽろり)とさせられる映画だった。 昭和という時代背景に、そこに生きた一人の不運続きの女性の一生。 ..
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2006-06-10 01:48

「嫌われ松子の一生」史上最悪の男運でも男を愛し続けた一生
Excerpt: 「嫌われ松子の一生」は昭和22年(1947年)福岡県大野島生まれの川尻松子の波乱万丈の一生を描いた作品である。これだけ不幸で、史上最悪な男運の女性がそれでも男たちを愛してやまなかった人生をコミカルに描..
Weblog: オールマイティにコメンテート
Tracked: 2006-06-10 02:01

嫌われ松子の一生・・・・・1200円
Excerpt: 中島哲也はCMの世界の巨匠である。 業界には彼を崇拝している人も多いし、実際素晴しい仕事を多く残している。 長編映画三作目となった前作、「下妻物語」もエキセントリックな映??
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2006-06-10 02:08

映画:嫌われ松子の一生 試写会
Excerpt: 嫌われ松子の一生@TFMホール 「♪ま??げて??のばして??おほしさまをつかもう??♪」」 予告では悲惨なストーリーにカラフルな映像、派手な音楽・・・まさか泣かされるとは思ってなかったで..
Weblog: 駒吉の日記
Tracked: 2006-06-10 02:16

映画 「嫌われ松子の一生」
Excerpt: 映画 「嫌われ松子の一生」 を観ました。
Weblog: ようこそMr.G
Tracked: 2006-06-10 02:30

嫌われ松子の一生
Excerpt: ・・・凄まじい愛・・・ しかし共感しまくりです。松子が刑務所に入ったあたりから・・・自然と涙が止まらなかったなあ。
Weblog: エリ好み★
Tracked: 2006-06-10 03:14

『嫌われ松子の一生』鑑賞ヽ(δ▽δ)ノ♪
Excerpt: 『嫌われ松子の一生』鑑賞レビュー! 松子。人生を100%生きた女。 『下妻物語』の中島哲也監督が贈る もうひとつのシンデレラストーリー 不幸って何? ..
Weblog: ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
Tracked: 2006-06-10 03:16

嫌われ松子の一生
Excerpt: Happy Wednesday!(←岡野に会うとき松子が歌ってた) 水曜レディースデイ! ってことで見てきました、松子。 泣いた(TдT) 「まげてのばして」で泣いた…! 原作はシ..
Weblog: ちゃんぽにずむ
Tracked: 2006-06-10 03:44

『嫌われ松子の一生』
Excerpt: 監督:中島哲也  CAST:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介他 平成13年、東京に暮らす川尻笙(瑛太)は、父親に叔母の川尻松子(中谷美紀)が住んでいたアパートを片付けるよう頼まれる。松子は荒..
Weblog: *Sweet Days*  ~movie,music etc...~
Tracked: 2006-06-10 06:38

嫌われ松子の一生
Excerpt:  波乱万丈転落人生、でも松子は神や天使のような存在。だって相手の男が、クドカン、劇団ひとり、荒川良々etcだもん・・・恋なんて嘘だな・・・
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2006-06-10 06:54

嫌われ松子の一生
Excerpt: c邦題: 嫌われ松子の一生 原作:「嫌われ松子の一生(上)」「嫌われ松子の一生(
Weblog: Pocket Warmer
Tracked: 2006-06-10 07:22

嫌われ松子の一生
Excerpt: あの変顔って吹き替えだよね? 濱田マリが吹き替えたんだよね? ※ ネタバレ 注意! ※ と、思いたいくらいの、中谷“ひょっとこ”美紀さんでした。(笑) 中島監督と中谷さんの撮影中のトラブルが事前..
Weblog: 映画で綴る鑑賞ノート
Tracked: 2006-06-10 07:39

映画「嫌われ松子の一生」
Excerpt: 映画館にて「嫌われ松子の一生」 山田宗樹の同名小説の映画化。松子のあの壮絶な転落人生をここまでエンタテインメント作品にしてしまうとは驚いた!原作からはタイトルと話の流れのみを借りてあとは中島監督の脚..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2006-06-10 07:45

嫌われ松子の一生
Excerpt: 不幸って何? 公式サイト 【ストーリー】 昭和22年。福岡県でひとりの女の子が誕生した。お姫様のような人生を夢見る彼女の名は川尻松子。教師になり爽やかな同僚とイイ感じになるも、セク..
Weblog: PM5:00*OLサンの放課後日記
Tracked: 2006-06-10 07:47

「嫌われ松子の一生」 Memories of Matsuko
Excerpt: いやはや何とも、ひと言では言い表せない超弩級の新たなる映画というべき作品。 とにかくそんな手があったのかという独特の映像表現にすっかり楽しませてもらった。 話そのものは今まさに2007年問題として話..
Weblog: 俺の明日はどっちだ
Tracked: 2006-06-10 08:15

嫌われ松子の一生
Excerpt: ある日、荒川の河川敷で女性の他殺体が発見されます。川尻松子(中谷美紀)、53歳。今まで彼女の存在を知らずにいた甥の笙(瑛太)は、松子の弟である父親(香川照之)に頼まれ、松子の住んでいた部屋の後片付けを..
Weblog: 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々??
Tracked: 2006-06-10 08:22

「嫌われ松子の一生」演出過剰
Excerpt: ストーリー: 昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子(中谷美紀)は、お姫様みたいに幸せな人生に憧れていた。しかし、20代で教師をクビになり、エリート街道から転落、家を飛び出して風俗嬢になってしま..
Weblog: 小生の映画日記
Tracked: 2006-06-10 08:23

嫌われ松子の一生
Excerpt: “生れて、すみません。” 松子の一生は、駆け足のように足早に・・・ ・・・その中で人を愛し・・・ ・・・誰よりも前向きに精一杯に生きた一生でした。 その松子の人生に、私は・・・..
Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ
Tracked: 2006-06-10 08:59

★「嫌われ松子の一生」
Excerpt: 原作を二日で読み、映画を見たと言うスナJr.の「面白いよ〜。でも原作読んでからの方が・・」とのアドバイスも・・ふり切って「嫌われ松子の一生」見てきました。公式サイトはこちらしかし“映画として”ホント面..
Weblog: スナフキン・レポート♪
Tracked: 2006-06-10 09:00

映画@嫌われ松子の一生
Excerpt: 川尻松子は、お姫様みたいに幸せな人生に憧れていた しかし、20代で教師をクビになり、家を飛び出して風俗嬢に その上ヒモを殺害して刑務所へ送られるわの、壮絶な不幸の連続 ありえないぐらいの不幸に揉みく..
Weblog: sattyの癒しのトビラ
Tracked: 2006-06-10 09:02

嫌われ松子の一生
Excerpt: 下妻の監督さん第2弾です。いや〜すっごく楽しめる作品でした!!下妻もよかったけど、私は松子のほうが好きですね〜。中谷美紀さんの演技がもうすごくて、ある意味そこまでやるかー!?ってな感じでした。でもどん..
Weblog: まったりでいこう〜
Tracked: 2006-06-10 09:29

嫌われ松子の一生
Excerpt: 色彩豊かに歌い上げる人間への愛に満ちたドラマ!
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-06-10 09:46

嫌われ松子の一生
Excerpt: 松子(中谷美紀)の人生を客観的に眺めれば、不幸とか悲惨とか、そういう言葉が思い浮かぶかもしれない。しかし、彼女はいつも楽しい歌を口ずさんでいて、彼女の意識の中ではかわいら
Weblog: Kinetic Vision
Tracked: 2006-06-10 10:08

嫌われ松子の一生
Excerpt: ベストセラー小説、『嫌われ松子の一生』が映画になった!福岡で生まれた川尻松子。歌が好きで、勉強もできたどこにでもいそうな普通の女の子。親の望むまま、中学校の先生になり、順風満帆の未来が見えてたはずだっ..
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2006-06-10 10:15

嫌われ松子の一生/中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介
Excerpt: レディスデイということを差し引いても平日の昼間の回にしてはけっこうなお客さんの入りで、しかもこの作品にはあまり似つかわしくないような年配の女性も多くてちょっとビックリ。逆に男性はほんの数人しかいなくて..
Weblog: カノンな日々
Tracked: 2006-06-10 10:23

元が元だけに・・・・ 「嫌われ松子の一生」
Excerpt: 評価:70点 嫌われ松子の一生 いや、すごいエンターテイメントしてましたね。 映像もすごいポップで斬新ですし、どこまでも暗くなってもおかしくない場面をミュージカルにすることで、楽しい雰囲気にして..
Weblog: 平気の平左
Tracked: 2006-06-10 10:36

嫌われ松子の一生@シネクイント
Excerpt: 地肌から2センチほど厚塗りした人が、スープの表面5センチほどに背脂が浮いたラーメンと、皿に1センチほどの油が敷かれたギョーザを食べているような、こってり具合だった。いろいろ施されている。手段を選ばない..
Weblog: ソウウツおかげでFLASHBACK現象
Tracked: 2006-06-10 10:54

「嫌われ松子の一生」80点。
Excerpt: 「嫌われ松子の一生」hp 『嫌われ松子の一生』オフィシャル・ブック 怒涛の映像と、斜めにザクッと切り込む陽気な音楽。 「松子は幸せだったのか、不幸だったのか。。。」 そんな陳腐な疑..
Weblog: mountain77 D.Reverse side
Tracked: 2006-06-10 12:03

幸せな人生とは?「嫌われ松子の一生」
Excerpt: VIVA!中嶋監督!! 哲也最高!! わたくし、一生ついていきます。 日曜日は、海行って映画見て BARでサッカー見て、TVのインタビューまで受けてきました。 ..
Weblog: VIVA!ちどりあし
Tracked: 2006-06-10 14:04

嫌われ松子の一生
Excerpt: 「下妻物語」の中島監督がまたやってくれました。 痛快悲劇とでもいいますか。 煮ても焼いても笑えない松子の一生。 なのに、笑って笑って笑ったあとに泣きました。 司会のTBSアナ安東さんも泣いたそ..
Weblog: シネマクロニクル
Tracked: 2006-06-10 14:53

嫌われ松子の一生
Excerpt:    昭和22年。福岡県の大野島に一人の女の子が生まれた。  彼女の名は、川尻松子(中谷美紀)。シンデレラストーリーを夢見る彼女は、教師になり爽やかな教師に恋焦..
Weblog: とにかく、映画好きなもので。
Tracked: 2006-06-10 15:03

感想/嫌われ松子の一生(試写)
Excerpt: 『下妻物語』でその名を知らしめた中島哲也監督の新作『嫌われ松子の一生』。5月27日いよいよ公開! これ必見!! 嫌われ松子の一生 最高に不運で不憫で不器用な女、川尻松子の一生を紐解くお話。親の..
Weblog: APRIL FOOLS
Tracked: 2006-06-10 17:19

嫌われ松子の一生
Excerpt: 公開:2006/05/27(05/31)監督:中島哲也原作:山田宗樹『嫌われ松子の一生』(幻冬舎文庫刊) 出演: 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明 昭和22年..
Weblog: 映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2006-06-10 17:24

松子の一生に涙する【嫌われ松子の一生】
Excerpt: 「嫌われ松子の一生」 タイトルだけでキョーレツである。 本屋で平積みされている
Weblog: 犬も歩けばBohにあたる!
Tracked: 2006-06-10 18:49

嫌われ松子の一生/MEMORIES OF MATSUKO
Excerpt: 「嫌われ松子の一生」 MEMORIES OF MATSUKO 評価 ★★★★☆ (原作チェック済み評価・★★☆☆☆) 『あらすじ』  親元を遠く離れ東京で独り暮らしを..
Weblog: 何を書くんだろー
Tracked: 2006-06-10 19:20

【嫌われ松子の一生】
Excerpt: ★とても不思議な作品でした。原作はずっと、読むのを我慢していたので映画を観たこ
Weblog: 空の「一期一会」
Tracked: 2006-06-10 19:54

映画〜嫌われ松子の一生
Excerpt:  「嫌われ松子の一生」公式サイト「下妻物語」の中島哲也監督最新作、観て来ました昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子(中谷美紀)は、お姫様みたいに幸せな人生に憧れていた。しかし、20代で教師をクビに..
Weblog: きららのきらきら生活
Tracked: 2006-06-10 20:35

嫌われ松子の一生
Excerpt: 気分転換にということで映画に行ったので、予告を見ていて興味のあった『嫌われ松子の一生』を見てきました。『デイジー』と迷ったんだけど。なんとなくこっちを。泣く気分ではなかったし。やっぱりイオンはサティと..
Weblog: Childish Garden
Tracked: 2006-06-10 21:15

嫌われ松子の一生(評価:◎)
Excerpt: 【監督】中島哲也 【出演】中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介/香川照之/市川実日子/黒沢あすか/柄本明/他 【公開日】2006/5.27 【製作】日本 【ストーリー】 昭和22年。福岡県に?..
Weblog: シネマをぶった斬りっ!!
Tracked: 2006-06-10 22:18

『嫌われ松子の一生』
Excerpt: 松子。人生を100%生きた女。 ■監督・脚本 中島哲也■原作 山田宗樹(「嫌われ松子の一生」幻冬舎文庫)■キャスト 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2006-06-11 00:27

「嫌われ松子の一生」(山田宗樹著)
Excerpt:   「嫌われ松子の一生」(山田宗樹著)【幻冬舎文庫】 川尻松子の波乱万丈な人生を描いた作品。主人公川尻松子、昭和22年、福岡県大野島生まれ。20代で教師をクビになり、エリートから転落して家を飛び出..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2006-06-11 00:31

嫌われ松子の一生
Excerpt: これはスゴイ傑作でした。期待以上に圧倒されましたよ。 「下妻物語」の中島哲也監督の新作。 全編派手な演出で、テンポが速くて、 スクリーンから溢れる情報量が半端じゃないのに ちゃんと芯の..
Weblog: It's a Wonderful Life
Tracked: 2006-06-11 08:35

映画「嫌われ松子の一生」
Excerpt: 先日、映画「嫌われ松子の一生」を観てきました。
Weblog: FREE TIME
Tracked: 2006-06-11 08:53

嫌われ松子の一生/感想
Excerpt: 2006年05月27日公開の中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介出演の映画「嫌われ松子の一生」を見ました。 重いものを貰ってしまうのでは、と思っていたのですが…なんだかよくわからないものを??
Weblog: 映画★特典付き前売り券情報局
Tracked: 2006-06-11 10:03

嫌われ松子の一生(2006/日本/中島哲也)
Excerpt: 【新宿ジョイシネマ】 昭和22年、福岡県大野島に生まれた川尻松子(中谷美紀)。お姫さまのような人生を夢みる明るい少女時代を過ごし、やがて中学校の教師となる。しかし、ある事件が原因で20代でクビに..
Weblog: CINEMANIAX!
Tracked: 2006-06-11 15:35

嫌われ松子の一生
Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★★☆  ピンクの象を飼う女  
Weblog: カリスマ映画論
Tracked: 2006-06-11 16:38

中谷美紀主演「嫌われ松子の一生」観てきた。★★★★★
Excerpt: 山田宗樹の同名ベストセラー小説を映画化。 脚本と監督は、中島哲也。音楽は、ガブリエル・ロベルトと渋谷毅。出演は、中谷美紀、瑛太他。 久々に良い映画を観せていただきました。素直な感想です。 脚..
Weblog: ポビーの日記
Tracked: 2006-06-11 17:30

嫌われ松子の一生
Excerpt: 「曲げて〜伸ばして〜お星様をつかもう〜♪」 松子が口ずさんでいた歌が、耳から離れないです。 期待して観にいきましたがばっちり期待に答えてくれました! 正直、最初はあんまし入り込めなくて「大丈夫かなぁ..
Weblog: 映画を観たよ
Tracked: 2006-06-11 17:33

嫌われ松子の一生 / MEMORIES OF MATSUKO
Excerpt: 「不幸って何?」 監督:中島哲也 原作:山田宗樹 出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、市川実日子、黒沢あすか、ゴリ、武田真治、荒川良々、劇団ひとり、マギー、谷原章介、竹山隆範、甲本雅裕、片平なぎさ..
Weblog: きょうのあしあと
Tracked: 2006-06-12 00:13

『嫌われ松子の一生』
Excerpt: 観てきました。 また映画。 とりあえず観たいと思ったのは観ておかないと気が済まない。 でっ『嫌われ松子の一生』 …。(ーー;)び、微妙…。 BONNIE PINKの主題歌。 色々ちょこっ..
Weblog: さくらんぼ団
Tracked: 2006-06-12 23:26

映画vol.59『嫌われ松子の一生』※舞台挨拶付試写会
Excerpt:  映画 vol.59 『『嫌われ松子の一生』』※舞台挨拶付試写会 監督:中島哲也(「下妻物語」) 出演:中谷美紀 (あんどう)瑛太!!  公式サイト ..
Weblog: Cold in Summer
Tracked: 2006-06-14 12:47

映画よりも面白い 『嫌われ松子の一年』
Excerpt:  映画『嫌われ松子の一生』は、  ??主人公・松子の堕ちっぷりが見事  ??その松子を演じる中谷美紀の“ここまでやるか”感が凄い!  ??宮藤官九郎、劇団ひとり、武田真治、荒川良々、伊勢谷友介等..
Weblog: 海から始まる!?
Tracked: 2006-06-16 01:46

嫌われ松子の一生見てきました。
Excerpt:  正直最初は見なくても良いかなと思っていたのですが、他の方のブログを読むとかなり評判がよいので嫌われ松子の一生見てきました。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2006-06-16 04:10

嫌われ松子の一生(5月27日公開)
Excerpt: 平成13年,荒川の河川敷で,松子(中谷美紀)の遺体が発見された. 松子のアパートの整理を任された松子の甥(おい)の笙(しょう:瑛太)は, 少しずつ,松子の数奇な一生を知ることになる……..
Weblog: オレメデア
Tracked: 2006-06-16 11:52

嫌われ松子の一生/山田宗樹
Excerpt: やるせない思いで最終頁を閉じました。些細なことに何度も自分を見失い、流され、それでも死より生きることを選んできた松子。その人生の終わりがこれではあまりに辛すぎます。 体の弱い妹に父の愛情を奪われ..
Weblog: 文学な?ブログ
Tracked: 2006-06-17 00:54

★「嫌われ松子の一生」
Excerpt: たまには邦画でも・・・(なんでーーー) たまにはTOHOシネマズ川崎に・・・(なんでーーー) 下妻物語の監督の最新作だから・・・(なんでーーー) 見てみることにしてみました。 そう、この映画の..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2006-06-17 03:03

映画のご紹介(137) 嫌われ松子の一生
Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(137) 嫌われ松子の一生-生きること、愛すること。 三人兄弟の長女。 真ん中は男、末っ子は病弱..
Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス
Tracked: 2006-06-17 08:23

嫌われ松子の一生
Excerpt: 『嫌われ松子の一生』オフィシャル・ブック 『嫌われ松子の一生』 を観てきました。 ぴあの出口調査で「松子」が観たいと言ったのはもう1ヶ月も前か。 待ったよ、松子。 いやぁ・・..
Weblog: だらっくま日記
Tracked: 2006-06-18 00:35

嫌われ松子の一生(映画館)
Excerpt: 不幸って何? CAST:中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介/香川照之/市川実日子/黒沢あすか/柄本明 他 ■日本産 130分 中谷美紀があのおちょぼ口をするたんびに濱田マリに似てるな〜って思ってたら、濱田マ..
Weblog: ひるめし。
Tracked: 2006-06-18 22:11

嫌われ松子の一生
Excerpt: 映画、嫌われ松子の一生の一生を見てきました。ネタバレです。最初に松子が死んでいるところから話が始まるのですが本人は、いないのにどうやってこの先話を進めていくのだろうと思っていたらうまい具合に話が繋がっ..
Weblog: ブログ:映画ネット☆ログシアター
Tracked: 2006-06-19 09:37

嫌われ松子の一生
Excerpt: ♪ま〜げて 伸ばしてお星様をつかもぉ♪ラスト 松子は天国への階段を登っていきました。まるで ハッピーエンドのように・・・父親に愛してもらいたかったのに父親はい...
Weblog: めざせイイ女!
Tracked: 2006-06-22 17:49

「嫌われ松子の一生」中谷美紀は代表作を手に入れた
Excerpt: 「嫌われ松子の一生」★★★★オススメ 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介主演 中島哲也監督、2006年 リアルを排除し、劇画タッチで夢のような作品。 悪趣味に近い表現が随所に散りばめられて、 ..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-06-24 20:29

嫌われ松子の一生
Excerpt: 2006年 東宝 06年5月27日公開 監督、脚本:中島哲也 原作:山田宗樹『
Weblog: 銀の森のゴブリン
Tracked: 2006-06-27 20:37

嫌われ松子の一生 06年134本目
Excerpt: 嫌われ松子の一生 中谷美紀 ≒ 濱田マリ ≒ 柴咲コウ ≒ あたし > 山田花子 2006年  中島哲也 監督  山田宗樹 原作中谷美紀 、瑛太 、伊勢谷友..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2006-07-06 17:27

嫌われ松子の一生
Excerpt:  前評判は高かったものの、大ホームラン『下妻物語』の後だけに、そうたやすく傑作をたてつづけに発表できるものかと疑問視していました。  しかし
Weblog: シネクリシェ
Tracked: 2006-07-16 12:10

「嫌われ松子の一生」
Excerpt: 「嫌われ松子」と言うくらいだからどれだけ性格悪いんだろうと思っていたのですが、それほど嫌われてるワケでもなく、どっちかって言うと「あわれな松子」ってカンジでした。ミュージカル仕立てというコトもありテン..
Weblog: Tokyo Sea Side
Tracked: 2006-07-29 10:24

映画「嫌われ松子の一生」を観た!
Excerpt: 中島哲也監督は「松子に会いたいから映画にする」と言ってくれた、主演の中谷美紀さんは「松子を演じるために女優を続けてきたのかも知れない」と言ってくれたと、原作者の山田宗樹は、コメントしています。それにし..
Weblog: とんとん・にっき
Tracked: 2006-08-06 13:35

嫌われ松子のとりこに
Excerpt:  映画「嫌われ松子の一生」を観てきました。  観にいくまえに何人かの人に感想を聞いたら、「すっごく楽しいよ」「かなり辛い…へこむよ」と、両極端な感想。  でも、どちらも本当だったのです。 ..
Weblog: シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センター大阪校日記
Tracked: 2006-08-12 14:54

◆試写会・嫌われ松子の一生
Excerpt: 雨が降る中、御堂会館に 嫌われ松子の一生の試写会に行って来ました。 監督は、あの前にも笑わせてもらった 下妻物語の中島哲也監督 そりゃぁ〜笑わせてくれるっしょ 【STORY】..
Weblog: 映画大好き☆
Tracked: 2006-10-20 20:07

嫌われ松子の一生(11月17日DVD発売)
Excerpt: 2006年の春に話題となった映画「嫌われ松子の一生」がDVDになって登場することになったので,再び記事としてピックアップ 昭和22年に福岡で生まれた川尻松子(中谷美紀)は,教師として赴任した..
Weblog: オレメデア
Tracked: 2006-11-15 11:19

嫌われ松子の一生−(映画:2006年140本目)−
Excerpt: 監督:中島哲也 出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、柴崎コウ、片平なぎさ、ゴリ、竹山隆範、谷原章介、宮藤官九郎、劇..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2006-11-18 19:23

嫌われ松子の一生
Excerpt: {amazon}  映画版「嫌われ松子の一生」近年稀に見る秀作。ミュージカル仕立て とスピーディーな展開。不幸と一般的に認知される事は本当に不幸か? 幸せと一般的に認知される事は本当に幸せか? ..
Weblog: 悩み事解決コラム
Tracked: 2006-12-07 17:50

嫌われ松子の一生
Excerpt: 誰に聞いても絶賛のこの作品。 2006年が終わる前にDVDでやっと観ました。 ふぅ。 平成13年の夏、。荒川の河川敷に何者かに撲殺された女性の死体。 その姿は醜く肥え太り、身なりはホームレ..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2006-12-29 16:13

嫌われ松子の一生
Excerpt: ついに実現!スクリーン内一人独占観賞!映写技師さん、八ちゃんの為にご苦労様でした。と、いうか噂どおり凄まじい映画・映像です。邦画の新しいエンタメ時代の到来でしょうなぁ。2007年劇場観賞20本目です。..
Weblog: 八ちゃんの日常空間
Tracked: 2007-02-03 07:49

映画・嫌われ松子の一生〜悲劇かコントか、時々ミュージカル!
Excerpt: 映画・嫌われ松子の一生ですが、これは結構面白いです。ドラマの内山理名のも見たのですが、中谷美紀の松子の方が私は好きです。 映画だと、次から次へと川尻松子の転落人生、これでもかと続くわけですが、あまり..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2007-02-15 21:19

『嫌われ松子の一生』'06・日
Excerpt: あらすじ昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子(中谷美紀)は、お姫様みたいに幸せな人生に憧れていた。しかし、20代で教師をクビになりエリート街道から転落、家を飛び出して風俗嬢になってしまう・・・。感..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2007-06-22 23:28

嫌われ松子の一生&Dグレ
Excerpt: 嫌われ松子は内山が主演したドラマの方は興味が無くて見なかったけども 映画の方は興味があり見たがチョイ役で色んな人が出演していて悪く無いし 劇中の歌は良かったし内容も大満足とは言えないけども不満は無..
Weblog: 別館ヒガシ日記
Tracked: 2007-06-26 19:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。