「ナナシ的エンタメすたいるNet」は移転しました。
New blog「ナナシ的エンタメすたいるNetプラス
http://blog.livedoor.jp/nanasee/

2006年07月11日

池袋駅 西武と東武の謎

20060710b.gif
新宿駅に次ぐ世界第2位を誇る巨大ターミナル池袋駅。
JR以外に西武と東武が乗り入れて沢山の人が乗り降りしています。
池袋のデパートの顔といえば西武百貨店東武百貨店
いずれもマンモスデパートですが、
西武は東口、東武は西口と逆なのだ。
いったい何故逆なのでしょうか?

西武は池袋から埼玉県秩父までを東京西部方面に伸びる鉄道ですが、
東武東上線は東上方面ではなく
池袋から埼玉県寄居町まで北西方面に伸びているのは不思議に思う。
実は東京から群馬県渋川を結び、
将来には新潟県長岡まで結ぶ計画で、
東京と上野国の頭文字を取って東上線と命名したのが始まり。
開通当初から東武系ではなくあくまで出資会社の一つでした。
その後東武鉄道と合併し、
寄居以降の計画は挫折し現在に至っています。

西武百貨店と東武百貨店も別のデパートだった。
両デパートは買収によって創業したデパートなのです。

20060710d.jpg
西武百貨店は1940(昭和15)年に、西武鉄道の前身である
武蔵野鉄道が京浜急行電鉄系の
菊屋デパート(京浜デパート)池袋支店を買収し、
武蔵野食糧を開設が始まり。
木造の平屋のデパートだったそうで、戦災で消失。
戦後、帝都百貨店を吸収し武蔵野デパートと改称。
1949(昭和24)年に西武百貨店となりました。
昭和30年代から昭和50年代まで順次増改築を進め、
関東で初の大型ターミナルデパートとなりました。
箱が大きくなるにつれ
三流デパートだった西武がエルメスやラルフローレンなどの
海外有名ブランドを日本にいち早く取り入れ、
おしゃれなデパートに変貌し今に至っています。

20060710c.jpg
一方東武百貨店は1962(昭和37)年に開店しているのですが、
旧東横百貨店(現・東急百貨店)池袋店から譲渡され、
売り場拡大され西口のデパートして定着します。
1992(平成4)年に増床し、売り場面積(83,000m2)となり
当時日本最大デパートなりました。
その後松坂屋名古屋本店に抜かれるが、
東日本では最大の百貨店として今も君臨しています。

このように歴史を見てみると、
西武と東武の互いに支えられ池袋が発展してきた事がわかりますね。


banner_02.gif←見たらクリックのご協力お願いします。
posted by Na’See at 00:13| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 豊島区の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶり☆元気そうでよかったぁ♪
Posted by 佳織 at 2006年07月12日 10:09
ナナシさんと同じ歳の娘が
結婚して、東上線の沿線に住んでいます。
で、池袋も何度か行ったことがあります。
東上線って「東京と上野国」の頭文字をとってあったのですね。
知りませんでした。
関西人の娘も、日頃お世話になりながら
きっと知らないはず・・・。
教えてやりますネ(*゜ー゜*)
Posted by マオ at 2006年07月15日 01:31
>マオさん
東上線を利用してる人は
ほとんど知らないと思いますよ。
うんちくネタの一つはなりますね。
Posted by ナナシ at 2006年07月17日 18:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。