「ナナシ的エンタメすたいるNet」は移転しました。
New blog「ナナシ的エンタメすたいるNetプラス
http://blog.livedoor.jp/nanasee/

2006年08月28日

スピアーズの妊婦ヌードは刺激的or表現?

20060828a.jpg
アメリカの人気歌手、ブリトニー・スピアーズさんの
妊婦ヌード広告が東京メトロ表参道駅が登場した。
この広告は雑誌は、「ハーパース・バザー日本版」の10月号の広告で、
お腹の大きなスピアーズさんが胸の前で腕を組み、
ほほ笑んでいる写真。
性的表現ではなく妊娠になった喜びを表現がねらいだったのだが、
この広告を出そうとしたところ東京メトロがマッタがかかったのです。
「青少年保護の観点から刺激が強すぎる」という理由。
そのためお腹の部分を隠して修正すれば掲載を認めるとなったが
広告主は「表紙と同じでなければ宣伝にならない」と主張し
当然受け入れられなかった。
その後東京メトロ側が一転し、掲載が認められ
28日に改札口内で大々的に掲載されました。

20060828b.jpg

一見刺激的に見えなくもない。
ただグラビアアイドルやタレントの
大胆なヌード写真を目にして見慣れてしまっているせいか
強烈さを感じません。

一昔だったら刺激が強すぎるってNGになっていたかな。
だんだん露出度が激しくなってきているので、
時代が変わってきていて寛容な時代になったんでしょう。
わいせつのボーダーラインのはっきりさせたほうがいいと思う。

皆さんはこの広告についてどう思いますか?
わいせつですか?それともこれは表現ですか?


banner_02.gif←見たらクリックのご協力お願いします。
posted by Na’See at 22:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ブリトニー・スピアーズの妊婦セミヌード
Excerpt:  ブリトニー・スピアーズの妊婦セミヌードが芸術か芸術でないか、そんな論議があるそうですが、僕的にはそれが芸術だろうが何だろうが「んなもなぁ見たかねぃ!!」です。 女性差別と言われようが何..
Weblog: 佐藤 健の溶解する日本
Tracked: 2006-08-29 04:06

すったもんだの末に・・・得したな
Excerpt: ブリトニーさんの妊婦ヌード、一転OK 地下鉄駅広告 ブリトニー スピアーズのヌード騒動は、これにて一件落着。 メトロは、結果としてブリトニーの宣伝・・・・ もとい、エイチビー社の宣伝に一役買って..
Weblog: ぶーたれて3面記事 blog版 三面記事は世相を映す鏡
Tracked: 2006-08-31 23:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。