「ナナシ的エンタメすたいるNet」は移転しました。
New blog「ナナシ的エンタメすたいるNetプラス
http://blog.livedoor.jp/nanasee/

2006年10月29日

「父親たちの星条旗」

20061029g.jpg
昨日公開になった「父親たちの星条旗」を観てきました。
第二次世界大戦の最大の激戦地となった硫黄島の戦いを
アメリカ側と日本側の双方の視点を描いた戦争映画2部作。
今回封切となった「父親たちの星条旗」はアメリカ側からみた
硫黄島の戦いの映画。
太平洋戦争最大の激戦地といわれる硫黄島・擂鉢山に星条旗を
打ち立てた6人の兵士の死闘と、生き残った3人のその後の人生を描く。
「クラッシュ」のライアン・フィリップら、若手スターが多数出演。
監督は「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド。

2次世界大戦の重大な転機となった硫黄島の戦いで、
米軍兵士たちはその勝利のシンボルとして摺鉢山に星条旗を掲げる写真。
その写真は長引く戦争に疲弊したアメリカ国民の士気を上げるために
利用され、ジョン・ブラッドリー(ライアン・フィリップ)らの
6人の兵士はたちまち英雄扱いされた。
兵士の中には、自分が祖国で名を成すとは知らずに
撮影直後に死んでいった者、生還した者でも、
祭り上げられることに関心を抱かず、
自分を英雄などとは思わなかった。
彼らはただ、名誉とは無縁に戦い、
戦死した仲間たちとともに前線に留まりたかっただけだった…。

戦争を題材した映画をいくつか見てきましたが、
今回はお国のため戦地を赴いた兵士の気持ちや戸惑いに気持ちを
よく表した映画だったのかなって率直な感想を持ちました。
どこの国も愛国心のために利用されているのに心を痛めますね。
今度の映画はその点をしっかりと伝った映画と思いました。


ナナシ的ナットク度(満点5点中)
★★★




banner_02.gif←見たらクリックのご協力お願いします。
posted by Na’See at 19:36| 東京 🌁| Comment(9) | TrackBack(38) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
コメントとトラックバックを失礼致します。

この作品は、戦争とそこにある社会と個々の密接な繋がりを細やかに描いており、争いに対してのクリント・イーストウッド氏の静かながら強い視点を十二分に感じさせられる映画でありました。

また遊びに来させて頂きます。
ではまた。
Posted by たろ at 2006年10月29日 21:12
TBありがとうございます。
日本も同じですよね。国民は最後まで、真実を知らされずに、日本が勝つと思い込まされていたんですから。
Posted by らしか at 2006年10月30日 00:44
TBありがとうございます。
こんなとんでもない映画を観てしまうと、『硫黄島からの手紙』はいったいどんな映画になっているんだろうと想像さえつきません。
イーストウッドの映画には、いつも僕たちを途方にくれさせるような驚きがあります。
『硫黄島からの手紙』にはどんな驚きがあるのかと、今から楽しみです。
Posted by きぐるまん at 2006年10月30日 10:04
TBありがとうございました。
『硫黄島からの手紙』を観てから出ないと、評価が出しにくいですね。
でも、ようやく米国が冷静に第二次大戦を見直すようになったんですね。
Posted by まっきい at 2006年10月30日 12:48
TBありがとうございます。
自分はこの映画を見た後「散るぞ悲しき」という硫黄島の戦いを描いたノンフィクションの本を読みました。
次の「硫黄島からの手紙」がどのように描かれるか楽しみです。
Posted by こっぱ at 2006年10月30日 19:45
こんばんは♪
国と民衆によって担ぎ上げられた英雄たちの末路があまりに哀れでした。
イーストウッドの静かな視線で描かれた戦争はこちらにじんわりと沁みてきています。
Posted by ミチ at 2006年10月31日 22:52
>たろさん
こんばんは。
コメント&TBありがとございます。
強い双方の視点で戦争に対する問う映画でしたね。

>らしかさん
コメント&TBありがとうございます。
情報戦術で信じ込まれていたんでしょうね。

>きぐるまんさん
コメントありがとうございます。
『硫黄島からの手紙』どんな映画になっているか楽しみですね。
Posted by ナナシ at 2006年11月05日 01:50
>まっきいさん
コメント&TBありがとうございます。
『硫黄島からの手紙』を観てからでないと
全体の感想でにくいですよね。

>こっぱさん
コメントありがとうございます。
次のはどうでしょうかね。期待したいですな。

>ミチさん
こんばんは。
国によって担ぎられ勝手に英雄たちも気の毒ですなぁー。その点でイーストウッドは静かに描かれている映画でしたね。
Posted by ナナシ at 2006年11月05日 01:58
「父親たちの星条旗」も「硫黄島からの手紙」も鑑賞しました。飛行機の設計者だった私の父親が南方の戦地で勤務していたので、真剣に身にしみる思いがしました。戦地から帰国途上の南シナ海で船が沈没して、九死に一生を得て帰国したものの戦後の軍港呉は失業者にあふれ、一家は生きるのに必死でしたから、戦後の窮乏の思い出と共に我がことにように身に迫るものを感じました。
Posted by gookakko at 2008年01月06日 18:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『父親たちの星条旗』
Excerpt: 監督:クリント・イーストウッド CAST:ライアン・フィリップ 他 STORY:太平洋戦争以来、最も多くのアメリカ軍の犠牲者が出ていた硫黄島の戦い。その壮絶な戦いの末、兵士達が摺鉢山に星条旗を掲..
Weblog: **Sweet Days**
Tracked: 2006-10-29 20:55

映画 「父親たちの星条旗」
Excerpt: 映画 「父親たちの星条旗」 を観ました。
Weblog: ようこそMr.G
Tracked: 2006-10-29 20:56

映画『父親たちの星条旗』
Excerpt: ●『父親たちの星条旗』●  監督:クリント・イーストウッド 出演:ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ他 ●『あらすじ@goo映画』● 第二次世界大戦末期、後に硫黄島..
Weblog: まー そんな感じで。
Tracked: 2006-10-29 20:59

試写会鑑賞 ヤマハホール、よみうりホールにて 〜 クリント・イーストウッド 「 父親たちの星条旗 」
Excerpt: こんにちは。 風が強く肌寒い、曇りの火曜日です。 今日は、日曜日に ヤマハホール、昨日 よみうりホールにて行なわれた試写会で観させて頂いた、クリント・イーストウッド氏の新作映画について。 『 父親た..
Weblog: ** Paradise Garage **
Tracked: 2006-10-29 21:07

父親たちの星条旗
Excerpt: 父親たちの星条旗posted with 簡単リンクくん at 2006.10.
Weblog: 風知草
Tracked: 2006-10-29 21:18

映画「父親たちの星条旗」
Excerpt: 映画『父親たちの星条旗』の試写会に行った。
Weblog: いもロックフェスティバル
Tracked: 2006-10-29 22:09

■週末の学び10/27「硫黄島」〜父親たちの星条旗−硫黄島からの手紙〜
Excerpt: 超話題作です! いよいよ封切りです。
Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
Tracked: 2006-10-29 22:24

クリント・イーストウッド「父親たちの星条旗」(注意:ネタバレ)
Excerpt: クリント・イーストウッドという人は本当に自分(=アメリカ)に厳しい人である。映画では常に自らを傷つける。それは肉体的な部分にも、精神的部分にも当てはまる。常に自虐的で、無傷の英雄であったことが少ない。..
Weblog: 映画とロックとミステリー
Tracked: 2006-10-29 23:19

「父親たちの星条旗」英雄の存在しない戦争で英雄に祭り上げられた兵士の苦悩
Excerpt: 「父親たちの星条旗」は太平洋戦争末期の1945年2月の硫黄島攻防戦をアメリカ、日本双方から描かれる事で注目の作品で、第1部はアメリカ側から描かれた作品となっている。攻防戦になると当然攻める側と守る側に..
Weblog: オールマイティにコメンテート
Tracked: 2006-10-29 23:26

父親たちの星条旗
Excerpt: 父親たちの星条旗 オフィシャルサイト  クリント・イーストウッド監督の硫黄島2部作。ひとつめはアメリカ人から見た硫黄島決戦。戦死者の痛ましさが生々しく、大挙して押し寄せる米軍の上陸部隊が壮観だった..
Weblog: ざっきばやしはなあるき
Tracked: 2006-10-30 00:46

父親たちの星条旗  試写会
Excerpt: 戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。 2006年 アメリカ 監督 クリント・イーストウッド 出演 ライアン・フィリップ/ジェシー・ブラッドフォード/アダム・ビーチ/ジェイミー・ベル/バリー・..
Weblog: レンタルだけど映画好き 
Tracked: 2006-10-30 01:23

「父親たちの星条旗」
Excerpt: 『父親たちの星条旗』を観ました。 太平洋戦争下、硫黄島での日米両軍の激闘をアメリカ側から描いた作品です。 凄惨な戦場の様子、 一枚の写真がきっかけで一躍英雄にまつりあげられた兵士たちの帰国後の様子、..
Weblog: 小さなちびくま日記
Tracked: 2006-10-30 08:30

父親たちの星条旗
Excerpt: 戦争に英雄など存在しない・・・。 これはまた、イーストウッド監督流のキレのある反戦映画が誕生しました! 61年前、太平洋戦争の激戦地となった硫黄島での戦い。 そこで写された1枚の..
Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ
Tracked: 2006-10-30 09:04

「父親たちの星条旗」 Flags of Our Fathers
Excerpt: 残酷なまでにリアルでスケール感のある戦闘シーンがたびたび描かれながら、そこから伝わってくるのはとても静かでクールにすら感じられる問いかけ。「戦争とは」「英雄とは」そして「誰のために戦い、死ぬのか」。 ..
Weblog: 俺の明日はどっちだ
Tracked: 2006-10-30 11:31

『父親たちの星条旗 Flags of Our Fathers』
Excerpt: 昨日封切りの『父親たちの星条旗』を早速見ちゃいました。 あのクリント・イーストウ
Weblog: まっきいのつれづれあれこれ
Tracked: 2006-10-30 12:45

父親たちの星条旗(映画)
Excerpt: アメリカ万歳なハリウッドの戦争映画はもういいなーと 思っていて。イーストウッド監督ならそんなことはないだろう と思ってましたが…なるほど!という感じです。 ここからネタばれになります。
Weblog: 「しつこく」新×3もろもろ日記
Tracked: 2006-10-30 14:18

神風特攻アタック:世界大戦【真実】
Excerpt: 第二次世界大戦時の日本の神風特別攻撃隊。本来は「かみかぜ」→「しんぷう」と読みます。神風特攻で、散っていった人たちが、今の日本を見たら、無念だろうな・・。
Weblog: どーでも動画【youtube】
Tracked: 2006-10-30 17:11

父親たちの星条旗
Excerpt: 《父親たちの星条旗》 2006年 アメリカ映画 ?? 原題 ?? FLAGS OF
Weblog: Diarydiary!
Tracked: 2006-10-30 21:46

「父親たちの星条旗」から「肉弾三勇士」を思い出す
Excerpt: 帰国した硫黄島の英雄たちが駆りだされたのは「戦時国債販売キャンペーン」であった。この「国債販売キャンペーン」といえば、キャロル・ロンバートを思い出す。当時はハリウッドスターたちも多くこのキャンペーンに..
Weblog: 映画と出会う・世界が変わる
Tracked: 2006-10-31 02:13

父親たちの星条旗
Excerpt: やりきれない悲しみと苦しさの後ろから, 人を思う気持ちが溢れてくる完成度の高い戦争映画。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-10-31 11:28

「父親たちの星条旗」試写会レビュー  変えられない歴史
Excerpt: 言葉が出なくなった。圧倒されたと言っていい。映像、メッセージが計り知れないパワーで襲ってくる。12月公開の「硫黄島からの手紙」も渡辺謙・二宮和成・加瀬亮などがキャストで注目されるが、まずこの映画でこの..
Weblog: 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ
Tracked: 2006-10-31 12:12

父親たちの星条旗
Excerpt: 戦争を語るのは、戦争を知らない者たちだ
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2006-10-31 21:15

映画「父親たちの星条旗」
Excerpt: 映画館にて「父親たちの星条旗」 硫黄島二部作の第一弾で、硫黄島の戦いをアメリカ側の視点から描く。 「FLAGS OF OUR FATHERS」という原題の「FLAGS」と複数形になっているところが..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2006-10-31 22:48

『父親たちの星条旗』
Excerpt:  『クラッシュ』のポール・ハギス監督によるシナリオが見事だ。あの映画と同じように複雑に絡みあった事実や人物が一つになるまでを1本の映画として見せていく手法は彼ならではのやり方だろう。それをイーストウッ..
Weblog: 習慣HIROSE
Tracked: 2006-10-31 23:29

父親たちの星条旗
Excerpt: 特別試写会のハガキが送られてきたんですけど 封筒の中にはそのハガキしか入ってなくて 果たしてそれがどうして送られてきたのか不明。 適当に応募したのが当たったのか? それすらも忘却の彼方。 で..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2006-11-01 13:29

父親たちの星条旗
Excerpt: 28、29日、イオン下田TOHOシネタウンでの映画ハシゴ観、1本目に観たのは「虹の女神」。 そして2本目に観たのが
Weblog: 欧風
Tracked: 2006-11-01 21:06

父親たちの星条旗
Excerpt: ゴーストはゴーストをよぶ  21世紀に生まれたこの戦争映画が激しく心を打つのは、決してそこに込められたメッセージによってでもなく、激しい戦闘の中で兵士たちが虫けらのように命を散らせてゆく壮絶な..
Weblog: 秋日和のカロリー軒
Tracked: 2006-11-01 21:49

父親たちの星条旗/Flags of Our Fathers
Excerpt: クリントイーストウッド監督×ポールハギス脚本! と言えば、アカデミー賞作品賞『ミリオンダラー・ベイビー』コンビ。 +スティーヴンスピルバーグが製作に加わって2部作として描いた話題作{/star/} ..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2006-11-01 22:40

「父親たちの星条旗」:上野広小路バス停付近の会話
Excerpt: {/hiyo_en2/}あのアメリカの旗をデザインした看板は何? {/kaeru_en4/}アメリカ屋。いろんなアメリカ製品を売ってる。 {/hiyo_en2/}旗とかも売ってるのかしら。 {/ka..
Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】
Tracked: 2006-11-03 10:16

【劇場鑑賞120】父親たちの星条旗(FLAGS OF OUR FATHERS)
Excerpt: 戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2006-11-03 17:43

東京国際映画祭オープニング「父親たちの星条旗」華やかに上映
Excerpt: 東京国際映画祭のオープニングを飾る大作。 今年も行ってきました。 出演者の舞台挨拶は地味目でした。 一昨年はここでトム・ハンクス「ターミナル」を見ました。 昨年は高倉健さんが舞台挨拶だった..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-11-04 09:55

「父親たちの星条旗」見てきました
Excerpt:  今年90本目(映画館のみカウント)は父親たちの星条旗を見てきました。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2006-11-07 03:17

『父親たちの星条旗 Flags of Our Fathers』
Excerpt: 昨日封切りの『父親たちの星条旗』を早速見ちゃいました。 あのクリント・イーストウ
Weblog: まっきいのつれづれあれこれ
Tracked: 2006-11-23 13:21

「父親たちの星条旗」は言っている。
Excerpt: 2日連続でクリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」を観賞。脚本はポール・ハギス、ウィリアム・ブロイルズJr. 。出演はライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチほか。ク..
Weblog: やまたくの音吐朗々Diary
Tracked: 2006-11-28 23:08

「父親たちの星条旗」
Excerpt: 今なおアメリカ人の愛国心を鼓舞してやまない1枚の戦争写真。その被写体である6人の兵士たちを待っていたのは…。(「MARC」データベースより) 「英雄」という名に翻弄され、苛まれた若者たちの姿を描いた..
Weblog: 共通テーマ
Tracked: 2006-12-21 17:40

写真が歴史を変える☆『父親たちの星条旗/FLAGS OF OUR FATHERS』☆
Excerpt: クリント・イーストウッドが監督したこの『父親たちの星条旗』と『硫黄島からの手紙』は、公開時に見逃しちゃってて…。 彼の作品はどれも上質なんだけど、重いからね…(苦笑) 本作も予想通り、かなりヘビー..
Weblog: honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜
Tracked: 2007-11-04 23:13

「父親たちの星条旗」 必要が英雄を作る
Excerpt: イーストウッド監督の硫黄島二部作の第一作です。 「必要が”英雄”を作るのだ」とい
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2007-11-05 22:23

【映画】父親たちの星条旗…俄かイーストウッドファンなピロEK(その1)
Excerpt: 「ハッピーフライト」の記事で予告したとおり、本日もう一個の投稿です{/face_yaho/} 今日の午前中の行動です。 モンスターハンターのイベントがあると聞き付け、友人宅に宿泊した息子を回収後、..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2009-10-16 22:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。