「ナナシ的エンタメすたいるNet」は移転しました。
New blog「ナナシ的エンタメすたいるNetプラス
http://blog.livedoor.jp/nanasee/

2005年11月06日

ALWAYS 三丁目の夕日

20051106e.jpg
続いて日劇東宝で「ALWAYS 三丁目の夕日」を観て来ました。
西岸良平の人気コミック「三丁目の夕日」を映画化した作品で、
昭和33年の東京を舞台に、
家族や近所の人々の触れ合いや人情を描いた作品。
出演は小説家兼駄菓子屋で生計を立てている芥川竜之介に(吉岡秀隆)、
一杯の飲み屋「やまふじ」の女将に(小雪)、
自動車修理販売の鈴木オートの社長鈴木(堤真一)、
その妻トモエ(薬師丸ひろ子)、
青森から集団就職してきた女の子星野六子(堀北真希)や、
医者の宅間(三浦友和)など豪華キャスト。
監督はVFXを使用した作品の多い山崎貴監督。
建設中の東京タワーや当時の東京の風景や
本物に引けを取らないほど美しい夕焼けを当時の生活や風景などを忠実に再現。

昭和33年の東京。東京の下町の夕日丘三丁目の春の日。
自動車修理販売を営んでいる鈴木オート。
短期で情思いの社長でもあり父親である鈴木則文(堤真一)、
やさしい母トモエ(薬師丸ひろ子)、
やんちゃな一人息子一平(小清水一揮)が暮らしていた。
一平はテレビが来る事を楽しみ待っていた。
青森から集団就職でやってきた星野六子(堀北真希)が鈴木オートにやってきた。
だが立派な会社だと期待していたが、どこかがっかりした様子だった。
元気がなかった六子は一平にいいことを教えてもらい元気づける。

鈴木オートの向かいに駄菓子屋の店主・茶川竜之介が住んでいた。
一流小説家を目指し執筆しながら駄菓子屋を営み細々と暮らしていて、
則文から馬鹿にされ何かと反発しあう。
淡い思いを抱く飲み屋のやまふじの女将・ヒロミ(小雪)から
身よりのない少年古行淳之介(須賀健太)を預かってほしいと頼まれる。
酔った勢いで引き受けてしまい、
芥川はしかたなく面倒をみることなる。

一方則文はなかなか仕事ができない六子に苛立っていた。
ついに六子はうそつきと不満をぶつけてしまい、
則文は怒り狂ったように激怒。
六子は茶川の店に逃げ込む。
トモエと一平は則文を止めようするが、
履歴書を見て勘違いに気がつき六子に詫びる。
六子はさいだいにてきぱきと仕事をこなす。
東京の生活や鈴木家の愛情に育まれ慣れてくる。

淳之介は茶川の冒険小説「少年冒険団」のファンで、
自らもノートに小説を書き溜めいた。
そのノートを発見した、竜之介は淳之介作の小説を盗作してしまう。
そのことがばれてしまう。。。。。

出来は最高によかったです。
時代劇と違って昭和30年代って再現するのって難しいと思うですよ。
変化が激しから忠実になかなかできないし、
それなりの雰囲気でしか表現できないですよね。
それを見事に映像として再現してるのですから、完成度は高いですよね。
VFXだと判っていながら、
どれが実写か見分けがつかないほど素晴らしかったです。
昭和33年の時代に撮影してきました言ってもおかしくないくらい凄いです。
それにストーリーもしっかりしてるし、
感動もあり笑いありとじっくりと見入ってしまいました。
ストーリーと映像がしっかりしてると出演陣も活きてきますね。
脇役もしっかりしていたし、二人の子役もおもしろぁったですね。
六子が堀北真希ちゃんだったとはエンドロール見るまでわからなかったです。
ドラマ版電車男の妹役とフジフィルムCMに出てる子なんだけど、
青森弁にはうまいですね。どんなかっこうでも可愛いですね。
堤さんの怒るシーンはオーバーかな。

完成度高いしもう一回見てみたい映画ですね。



ナナシ的ナットク度(満点5点中)
★★★★★




banner_03.gif順位UPのため、クリックのご其力お願いします。
posted by Na’See at 17:51| 東京 🌁| Comment(31) | TrackBack(49) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました。m(_"_)m
こちらからも飛ばさせていただきました。
いい映画でしたね〜。でわ。
Posted by まっぴら at 2005年11月06日 18:35
こんばんは。
TBありがとうございました。
個人的に秋の感動三作としまして「カーテンコール」「この胸いっぱい、、、」「ALWAYS」を観ましたが、最高でした。
Posted by MIYAUCHI at 2005年11月06日 19:12
TBありがとうございました。
こちらもTBさせていただきました。
山崎監督の作品はハズレが無いですね。
今回はその中でも最高の出来でした。
Posted by えめきん at 2005年11月06日 19:45
TBありがとうございました。
自分が生まれた時代を再確認
することができました。
とてもよかったです。
Posted by yukashi_dog at 2005年11月06日 20:02
ナナシさん、TBありがとうございます。
ブログ初心者なもので、こちらからもTB
させてもらいたいのですが、うまくできるか
どうか不安です。
Posted by poko at 2005年11月06日 20:15
TBありがとうございました。僕ももう1回ぐらいは映画館で見ておきたい思いました。(^^)
Posted by しんすい at 2005年11月06日 20:15
こんにちは♪
TBありがとうございました。
満点ですね〜!
私も堤さんはちょっと演技過剰かな?と思いましたが、まあ許容範囲だと納得しました。
役者さんは皆さん光ってましたね。
Posted by ミチ at 2005年11月06日 20:36
TBありがとうございました。「ALWAYS」は邦画では久し振りのMYランキング・ヒット作です。
Posted by ぐー at 2005年11月06日 21:05
TBありがとうございます。
>時代劇と違って昭和30年代って再現するのって難しい
実際にその年代を覚えている人々がいる頃の再現は、
江戸時代などと比べても気を使うでしょうね。
この映画はそのあたりもよくできているし、感動もできたし、
なかなかいい映画だと思います。
Posted by らしか at 2005年11月06日 21:11
TBありがとうございました。
今日2回目見てきました(笑)
2回見ても涙が止まらない。。。
私の中で今年最高の邦画映画になるでしょう。

Posted by アンナ at 2005年11月06日 21:14
トラックバックありがとうございました☆
ほんと、この映画いいですよね(^^♪
Posted by 和美人。 at 2005年11月06日 21:22
>まっぴらさん
コメントとTBありがとうございます。
ほんといい映画でしたね。
また観たくなってきた。

>MIYAUCHIさん
コメントありがとうございます。
今年の名作映画に入りますね。

>えめきんさん
コメントありがとうございます。
ほんとそうでうすね。
期待以上によかったですから
Posted by ナナシ at 2005年11月06日 21:36
TBありがとうございます。
47年前の設定の映画ですが、すんなり入り込めるのは、やはり日本人のDNAでしょう。
個人的には鈴木社長(親方か?)の演技はオーバーですが好きです。
Posted by tatsuo at 2005年11月06日 21:38
>Yukasshi dogさん
コメントありがとうございます。
生まれた時代の映画って
感慨深かったでしょうね。
ナナシは生まれてない頃だけど、
懐かしく観れました。

>pokoさん
コメントありがとうございます。
いえいえお気持ちだけでもいいですよ。

>しんすいさん
コメントとTBありがとうございます。
もう一回見たくなりますね。
Posted by ナナシ at 2005年11月06日 21:42
>ミチさん
コメントありがとうございます。
堤さんのオーバーの演技おかしかったけど、
あれはあれでよかったかなって思います。
それぞれの役はひかってましたね。

>ぐーさん
コメントありがとうございます。
自分もMYランキング映画に入りますね。

>らしかさん
>実際にその年代を覚えている人々がいる頃の再現は、
江戸時代などと比べても気を使うでしょうね。
あの時代を過ごしていた方がなっとくするくらい
そうとう気をつかってましたね。
だからここまでいい映画が出来たんだと思います。
Posted by ナナシ at 2005年11月06日 21:57
>アンナさん
コメントありがとうございます。
2回目もご覧になられたんですか。
また観たくなりますよね。

>和美人さん
コメントありがとうございます。
ホントいい映画ですよね。

>tatsuoさん
コメントとTBありがとうございます。
いやDNAよりも映像と
ストーリーの出来が高かったから
すんなりと受け入れられたのだと思います。
堤さんの破壊力は凄いですね。
あれはギャグでいいかって思う。
Posted by ナナシ at 2005年11月06日 22:04
TBありがとうございました。
ほんとすべてのキャラが生き生きと昔に息づいて、
すばらしい作品でした。2時間泣き笑いの連続でした^−^
Posted by izura at 2005年11月06日 22:26
TBありがとうございました。
こちらからも送らせて頂きました。
ほんとに、いい映画でしたね。
観に行って良かったです。
それに共感できる方がこんなにたくさんいて幸せです。
Posted by nishi_co at 2005年11月06日 23:44
はじめまして、リトと申します。
TB、ありがとうございました。
こちらからもTBさせて頂きました。

ナナシさんの記事を読ませて頂いて、
ますます観に行きたくなりました。
課題を終わらせたら、劇場へ行きたいと思います!
Posted by リト at 2005年11月06日 23:59
はじめまして。
今回はTB有難うございました。
こちらからもTBさせて頂きました。

私もこの映画には本当に満足しています。
そして、ドラマ『野ブタ。をプロデュース』に出てる真希ちゃんが新鮮でしたね。
イメージが変わりましたし。
同じように満足されてる方が居るとわかってとっても嬉しく思います。
Posted by 祭花 at 2005年11月07日 08:22
TBありがとうございました。
「ALWAYS…」お説のとおり素晴らしい映画でした。もっと宣伝してたくさんの人に見てもらいたいもんです。封切り日初上映に行ったのですが、シニアカップル3組だけという寒い館内でした。良い映画と売れる映画は違うんだということを体感できた良い映画でした。これからもよろしく。
Posted by Chun at 2005年11月07日 13:31
TBありがとうございました。初心者なのでTBのシステムがよくわからないんですが…良い映画でしたね☆
Posted by ゆい at 2005年11月07日 15:43
はじめまして。
TBありがとうごさいました。
TB、全く理解出来てません。
いい映画でした!!ほろりとくる映画でしたね〜
まだ私は産まれてませんが・・年代的には近いので懐かしかったです〜♪
。。。そこだけ力を込めて(笑)
Posted by ちむたむ at 2005年11月07日 18:43
>izuraさん
コメントありがとうございます。
そうですね。
笑いあり感動ありのいい映画でしたね。
出演者の個性も光ってましたし。

>nishi noさん
コメント&TBありがとうございます。
いや大満足の映画でしたよ。
久々にいい映画を見た気分です。

>リトさん
こちらこそありがとうございます。
もうご覧になりましたか?
笑いと涙ありの映画なので十分楽しめます。
Posted by ナナシ at 2005年11月07日 19:38
>祭花さん
こちらこそありがとうございます。
六子ちゃんが誰だったのかわからないくらい
真希ちゃんの演技でしたね。
これから伸びていく女優さんですね。

>Chunさん
コメントありがとうございます。
初日だったのと場所がマリオンの日劇で観たので
たくさんの人でいっぱいでした。
ほんといい映画なので沢山の人に観てもらいたいですね。

>ゆいさん
コメントありがとうございます。
ほんといい映画でしたね。
TBはいいですよ。お気持ちだけでいいので。。。

>ちむたむさん
コメントありがとうございます。
年代的に近いと感慨深かったでしょうね。
今の時代と違い、便利でない時代でも
夢や希望があって楽しかったんですね。
Posted by ナナシ at 2005年11月07日 19:46
トラックバックありがとうございます。
この映画のすごさは、
コメントの多さからでも明らかですね。
この映画、実は一人で観にいったんだけど
次回は40年代生まれのヨメさんも連れて行こうっと。
Posted by CBR1100XX at 2005年11月08日 00:38
>CBR1100xxさん
コメント&TBありがとうございます。
そうですね。すごいコメントの量ですよね。
イイ映画だったから反響が大きかったと思います。
是非こんどは奥様とご覧になってください。
Posted by ナナシ at 2005年11月08日 16:54
遅くなりましたが、TBありがとうございます。

ちょくちょく読ませてもらいたいと思います。お気に入りに登録させてもらっても良いですか?
Posted by 放浪娘。 at 2005年11月11日 22:11
>放浪娘。さん
こちらこそありがとうございます。
もちろんいいですよ。
うちのブログはなんでもありのブログですが、
今後ともご贔屓によろしくお願いします
Posted by ナナシ at 2005年11月12日 23:50
こんにちは、ALWAYS 三丁目の夕日ファンの皆様。私もファンで13回見ましたが、このところ上映館もほとんどなくなり、また本家のメッセージボードも終わりになるそうで寂しくなりますね。そこでちょっと時期遅れですが「ALWAYS 三丁目の夕日応援委員会」というホームページを作ってみましたので、遊びに来てください。
http://www.geocities.jp/always3chome/
Posted by ALWAYS 三丁目の夕日応援委員会 at 2006年05月13日 23:50
>ALWAYS 三丁目の夕日応援委員会さん
こんにちは。
13回も観たのですか?すごいですね。
来月にDVDが出るので楽しみしてるので、
予約したのでゆっくり観てみたいと思います。
ホームページ観させていただきますね。
Posted by ナナシ at 2006年05月15日 23:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9032425
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

「ALWAYS 三丁目の夕日」に沈んだ日
Excerpt: 昨日から劇場公開中の「ALWAYS 三丁目の夕日」を観てきました。近作映画を観るたびに悪態ばかりついているまっぴらでありますが、とかく最近病的に涙腺が弱い関係上(笑)、もうオープニングの“ゴム動力..
Weblog: まっぴら倶楽部録!
Tracked: 2005-11-06 18:32

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: SW ep3のタトゥイーンに匹敵する夕日に感動!
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2005-11-06 18:33

星野六子の上京物語
Excerpt: ALWAYS 三丁目の夕日 昨日は早起きして、自転車を一生懸命走らせて、そして東京タワーの脇を通ってこの映画の 舞台挨拶に行ってきました。 世間で言われるように、この映画は昭和33年当時の(きっか..
Weblog: 最強コンビ!!
Tracked: 2005-11-06 18:44

古き良き時代のいい話を堪能せよ 「ALWAYS 三丁目の夕日」
Excerpt: 評価:85点{/fuki_osusume/} ALWAYS 三丁目の夕日 原作のコミックは一度も見たことがありませんが、いい話です。 涙もろい私にはかなり毒です。 体内の水分がかなり減りまし..
Weblog: 平気の平左
Tracked: 2005-11-06 18:57

ALWAYS 三丁目の夕日( 小雪 映画 )
Excerpt: ALWAYS 三丁目の夕日をみてきました。 以前映画館で公開予告の映像をみたのがきっかけです。 時代背景(昭和33年の古きよき日本を舞台)で、なんとなくみてみたいという気持ちにさせられました。..
Weblog: 一人暮らしとお金とインターネット
Tracked: 2005-11-06 18:58

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: 2005年の最高傑作。この作品に出会えたことを誇りに思い、涙できることに幸せを感じます。
Weblog: ★☆★ Cinema Diary ★☆★
Tracked: 2005-11-06 19:07

「ALWAYS 三丁目の夕日」を観てきました!!
Excerpt: 前評判の高い映画「ALWAYS 三丁目の夕日」を観てきました。 この映画は小学館発行の「ビッグコミックオリジナル」に連載されている西岸良平氏の「三丁目の夕日」が原作です。実に32年にわたって連載され..
Weblog: 馬球1964
Tracked: 2005-11-06 19:10

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: 昨日、「ALWAYS 三丁目の夕日」を観てきました。 あまり事前に調べずに行った
Weblog: ピーチくんblog
Tracked: 2005-11-06 19:14

大ヒット公開中!映画「ALWAYS 三丁目の夕日」
Excerpt: 今週は 「私の頭の中の消しゴム」に勝つかな? 初日は舞台挨拶の話題もあり トップになりそうですね。 東宝映画「ALWAYS 三丁目の夕日」 の試写会に行ってきました。 久々にやられてしまいました..
Weblog: bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ☆2005
Tracked: 2005-11-06 19:34

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: 『ジュブナイル』『リターナー』の山崎貴監督が 得意のVFXで昭和30年代の町並みを再現した 意欲作。畑違いと思われていた山崎監督が実に いい仕事をしています。映画全体を通して 伝わってくる温か..
Weblog: 5125年映画の旅
Tracked: 2005-11-06 19:40

「ALWAYS三丁目の夕日」@イイノホール
Excerpt: 今年の秋の『泣ける邦画』としてあーちゃんが注目していた2本は不発…という事で今日はめっちゃ楽しみにしていきました。 {/kaeru_cry/}STORY オフィシャルサイト 昭和33年、東京タワーが..
Weblog: 旦那にはひ・み・つ (☆o☆)
Tracked: 2005-11-06 19:57

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: オート3輪、集団就職、緞帳付き白黒テレビ、力道山、駄菓子屋、冒険王・・・・・・。 うーん古き良き時代・懐かしの昭和ですね。 「ALWAYS 三丁目の夕日」です。 ココの所、ハートウォーミングな映画..
Weblog: 鬼ディランド  
Tracked: 2005-11-06 20:00

ALWAYS三丁目の夕日
Excerpt: 公開前から楽しみにし
Weblog: NeTREKしんすいBLOG〜その5〜
Tracked: 2005-11-06 20:03

映画「ALWAYS 三丁目の夕日」
Excerpt: 映画館にて「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ ストーリー: 東京下町の夕日町三丁目に住む鈴木家に、集団就職のために上京してきた六子(堀北真希)が住み込むことになる。また鈴木家の向かいにある駄菓子..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2005-11-06 20:33

『ALWAYS 三丁目の夕日』 を観ました♪
Excerpt: ☆☆☆☆★ (5段階評価で 4.5) 昭和33年の東京下町が舞台の映画です。 原作はビッグコミックオリジナルに連載中の 西岸良平の漫画。
Weblog: みはいる・BのB
Tracked: 2005-11-06 21:09

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: 携帯もパソコンもTVもなかったのに、 どうしてあんなに楽しかったのだろう。 人気コミック「三丁目の夕日」 東京タワーが建設中の昭和33年が舞台。 とっても素敵な映画でした。 オープニング、子供達..
Weblog: アンナdiary
Tracked: 2005-11-06 21:16

ALWAYS ??三丁目の夕日??
Excerpt: 今日は母と映画を見てきました ALWAYS ??三丁目の夕日?? リンク貼ってますので、よかったら観てください。 今日から公開らしいですね 最初からこの映画を観ようとしたわけではなくて..
Weblog: attractive woman ??いい女めざして奮闘中!??
Tracked: 2005-11-06 21:21

もうすぐロードショー!おすすめ「三丁目の夕日」
Excerpt: もうすぐ封切り!おすすめします。「三丁目の夕日」 この映画の原作は、漫画ビッグコミックオリジナルに連載中 作者は、西岸良平氏である。   私は、元祖テレビっ子であるとともに、漫..
Weblog: 「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!
Tracked: 2005-11-06 21:33

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: 2005年/日本/東宝映画/133分/シネスコ/監督・脚本・VFX:山崎 貴/原作:西紀岸良平/出演:吉岡秀隆、堤 真一、小雪、薬師丸ひろ子、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和/昭和33年 東京下町の夕..
Weblog: M・Bのお気に入り映画あーと図鑑♪
Tracked: 2005-11-06 21:41

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: 劇場予告で胸が熱くなり、観て来ました。 キャッチコピーは 「携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。」 「豊かではなかったけれど、明日への夢があった。」 昭..
Weblog: 単身赴任者はブロックノイズの夢を見る
Tracked: 2005-11-06 21:45

ALWAYS 三丁目の夕日 (2005) 132分
Excerpt:  昭和33年、東京下町の夕日町三丁目。ある日、鈴木則文が営む自動車修理工場・鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってくる。しかし、思い描いていたイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴..
Weblog: 極私的映画論+α
Tracked: 2005-11-06 23:00

「ALWAYS 三丁目の夕日」を観てきました。
Excerpt: 今日、映画を観てきました。 「ALWAYS 三丁目の夕日」 誘われて「お付き合いっ」て気分で行ったのですが それが… 実は結構…というか、 正直、良かったです。 見てるうちに、..
Weblog: hanky*panky
Tracked: 2005-11-06 23:39

『ALWAYS 三丁目の夕日』
Excerpt: 今日はバイトに行ってきました。 某雑誌の映画満足度調査をしていたりします。 で。 『ALWAYS 三丁目の夕日』の満足度が非常に、ひじょーに!! 高かった!! 前から観たいなーとは思..
Weblog: ☆★ Jammy jamdy ★☆
Tracked: 2005-11-06 23:50

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: 監督:山崎貴 出演:堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、もたいまさこ.
Weblog: 新妻blog(もう新妻じゃないけど)
Tracked: 2005-11-06 23:57

ALWAYS 三丁目の夕日。
Excerpt: 最近、映画は学校でしか観ていなくて 今日久しぶりに映画館に行けましたよ 「ALWAYS 三丁目の夕日」 いやー本
Weblog: 透明な音。。。
Tracked: 2005-11-07 04:03

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: 『ALWAYS 三丁目の夕日』を見て来ました。 感動物って聞いておりましたので泣く覚悟で行きました。 まぁ、ハンカチは持って行ってませんが・・・。 とにかく面白かった。ぇぇ笑いましたよ。 堤真..
Weblog: 祭花の日記
Tracked: 2005-11-07 08:17

日本の古き良き昭和の側面「ALWAYS 三丁目の夕日」(山崎貴監督)
Excerpt: -ALWAYS 三丁目の夕日-夕日町のひみつバップこのアイテムの詳細を見る [ストーリー] 昭和33年の東京。 短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。 一家のやんちゃ坊主..
Weblog: チョコレイトをパキッとわった音
Tracked: 2005-11-07 16:35

懐かしい風景◆ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: 心地よい涙が頬を伝わります。こんなに温かくなる映画を観たのは 初めてです。充実した2時間でした。 『ALWAYS 三丁目の夕日』であります。
Weblog: [混]ミックスランチ
Tracked: 2005-11-07 21:44

すばらしい!「ALWAYS 三丁目の夕日」
Excerpt: オープニングの「TOHO」から模型飛行機の一連の流れの中で ぼくはすでにハマって
Weblog: a little impression
Tracked: 2005-11-08 00:11

映画感想「ALWAYS~三丁目の夕日~」
Excerpt: 11/5、封切初日の初回に観てきました。原作の匁は未見ですが、面白かった~。 ”昭和”の穏やかな風景。きれいな映像で再現されていました。 映画HPでも流れているBGMも良かったな~。ラストのD−51の..
Weblog: きまぐれにっき
Tracked: 2005-11-08 03:17

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: 9日に決勝が行われた鈴鹿サーキットでのF1日本グランプリを観に行く為に、7日は深夜バスに乗る予定だったんですけど、その日にあった試写会が、この「ALWAYS 三丁目の夕日」。 以前もこういう出掛..
Weblog: 欧風
Tracked: 2005-11-08 06:32

『ALWAYS 三丁目の夕日』を観て来ました!
Excerpt:  2005年11月8日 『ALWAYS 三丁目の夕日』観賞レビュー! 47年後に、逢いましょう。 すべての日本人に贈る 夢と希望いっぱいの珠玉の感動作!! ..
Weblog: ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
Tracked: 2005-11-09 01:03

映画館「ALWAYS 三丁目の夕日」
Excerpt: 昭和33年、東京タワーが建設中の東京でのお話。 時代設定が、ちょうど母が子供のころだったので母と一緒に観にいきました。母から聞いた話の中に登場するモノたち、たとえば氷を入れて使う冷蔵庫などを実写..
Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆
Tracked: 2005-11-10 00:06

この人物のオモテとウラ 小雪
Excerpt: まずは、まずはlivedoorニュースから。 ニュースの内容は続きを見てね。 小雪といえば「ALWAYS 三丁目の夕日」ですね。 昭和33年、東京タワー建設真っ最中の東京下町の夕..
Weblog: ☆今日の芸能情報☆今日のニュース、ドラマを掘り下げる
Tracked: 2005-11-11 05:21

物はなくても豊かだった時代◆『ALWAYS 三丁目の夕日』
Excerpt: 11月9日(水)TOHOシネマズ木曽川にて 昭和33年。東京タワーが完成するこの年に、青森から上野駅に集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。就職先は鈴木則文(堤真一)とトモエ(薬師丸ひろ子)が..
Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」
Tracked: 2005-11-11 21:21

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: 人気blogランキングに参加してます! ここを一度クリックして頂けるとありがたいです。 ご協力お願い致します。 今日、僕の家へ新しい家族がやってくる。 集団就職で青森から来た六ちゃ..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2005-11-12 02:55

ALWAYS 3丁目の夕日
Excerpt: ☆☆☆☆☆ 評判通りと言っていいでしょう。 いい映画です。 積み上がっていく東京タワー 戦後の禍根・悲しみを残しながらも、テレビ・冷蔵庫・洗濯機の三種の神器が象徴する新しい時代。 人々は..
Weblog: 永遠の為に…革命詩人の手記
Tracked: 2005-11-14 00:55

ALWAYS(当たり前じゃないから夢と未来と希望を持てる)
Excerpt: 「ALWAYS−三丁目の夕日−」を鑑賞して来ました。この映画を見ていると今当たり前な事が当たり前じゃない時代、しかしそれが今忘れられがちな夢と未来と希望を思い出させてくれる作品だったと思う。
Weblog: オールマイティにコメンテート
Tracked: 2005-11-14 20:42

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: なにを観ても最近の日本映画には幻滅を繰り返してたけど、脚本と演出と撮影と演技を丁寧に積み上げていけば、こんなにも良い映画が出来るのか〜、と心から感動した一本。 ..
Weblog: 俺の話を聴け〜!
Tracked: 2005-11-17 22:34

「ALWAYS 三丁目の夕日」と失われた小さな幸せ
Excerpt:  平日の夜に、ガラガラの映画館で、一人で映画を観るのは実にわびしい。ひどく寒い。観たのは「ALWAYS 三丁目の夕日」という大ヒットマンガをベースにした日本映画。本当は韓国映画の「私の頭の中の消しゴム..
Weblog: 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記
Tracked: 2005-11-18 00:15

『ALWAYS 3丁目の夕日』
Excerpt: ♪タタタッタタ! タタタッタタ! タタタタタタッタ〜 タタタタタタッタ〜♪ (変な鼻歌でゴメンナサイ。m(_ _)m) 何故かサザエさんを思い出しちゃった。(笑)それよりちょっと前の話なのだけど…。 ..
Weblog: Simply Wonderful 〜Diary & Hobby etc...〜
Tracked: 2005-11-19 20:22

「ALWAYS 三丁目の夕日」
Excerpt: 「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の..
Weblog: soramove
Tracked: 2005-11-27 09:10

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: 泣いたわよ。 まさかと、自分でも思ったけど、泣いたわよ。 まぁ、最近、涙腺ゆるゆるだけどね。 でも、きっとまだの人も、見ると泣くかもよ。 <STORY> 戦後間もない東京下町、東京タワーのすぐ近く。 ..
Weblog: toe@cinematiclife
Tracked: 2005-12-02 17:57

映画鑑賞記「ALWAYS三丁目の夕日」
Excerpt: 観賞日:05.11.18 観賞場所:シネプレックス幕張 「ALWAYS 三丁目の夕日」オフィシャルサイト」 東京タワーが建設された昭和33年。そこには、今の日本にはない、人々の素朴な明るさと希望が..
Weblog: けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ
Tracked: 2005-12-04 22:47

ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目
Excerpt: ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りか..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2005-12-10 01:21

ALWAYS 三丁目の夕日
Excerpt: みなさんは師走のお忙しい中、どうされてますか? 私は年末気分を楽しんでいますよ。朝から普段観れない映画やTV番組、DVDを貪るように観ています。今日は映画館に足を運んでみました。
Weblog: すりこ木日記
Tracked: 2006-01-02 20:40

「ALWAYS 三丁目の夕日」夢や希望を皆が語った時代
Excerpt: 「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-01-14 19:23

ALWAYS 三丁目の夕日/山崎貴
Excerpt: 最近映画館で号泣した邦画「ALWAYS三丁目の夕日」。コミックでも読んでいましたが、また一味違った設定で、古きよき時代を存分に感じさせてくれました。そういえば私が生まれ育ったのもこんな下町でした。 ..
Weblog: 文学な?ブログ
Tracked: 2006-06-04 21:14

真・映画日記『ALWAYS〜三丁目の夕日〜』
Excerpt: 7月12日(水) 毎度のごとく、神谷町駅近くのスタバにいったら……なんとまだ準備中だった。 え、こんなことってあるの?しゃあないけど。 日中はとくになし。 mixiをチェックしてみると..
Weblog: CHEAP THRILL
Tracked: 2006-08-12 16:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。