「ナナシ的エンタメすたいるNet」は移転しました。
New blog「ナナシ的エンタメすたいるNetプラス
http://blog.livedoor.jp/nanasee/

2008年06月08日

「築地魚河岸三代目」

20080608a.jpg
渋谷シネパレスにて昨日公開した
築地魚河岸三代目」を観て来ました。
小学館「ビッグコミック」に連載の大人気コミックを映画化した
人情ドラマ。
エリート商社マンから築地魚河岸の仲卸業者に転身した主人公が、
奮闘しながら成長を描く。
主演は大沢たかお、その恋人役に田中麗奈がふんする。
共演には伊原剛志柄本明伊東四朗などがそろえる。
監督は数多くのテレビドラマを手掛けてきたベテラン松原信吾。
お節介も勘違いも含めた人間模様を描く。
早くもシリーズ化も決定している。

エリート商社マンの赤木旬太郎(大沢たかお)は
リストラの陣頭指揮を任され思い悩んでいた。
そんな時、恋人の明日香(田中麗奈)が家業である
築地市場の仲卸「魚辰」と装飾デザイナーの仕事を掛け持ちで
奮闘していることを知る。
掛け持ちで仕事をしている彼女を助けようと
「魚辰」を手伝い始めたものの、
ド素人の身では足手まといになるばかりだった。
それでも旬太郎は魚河岸に魅かれ、
サラリーマン生活に疑問を感じはじめ、
会社を辞めることを決意する。

築地はなじみのある地だけに、主人公に感情移入するくらい
最後まで飽きずに見れました。
脇役がしっかりとしていて、いい味の演技してました。
松竹映画のお得意分野だけにシリーズ化するほど期待度は大きい。
「男はつらいよ」や「釣りバカ」とは違うほのぼのとする
人情映画なので次回作も期待したい。


Na'see的ナットク度(満点5点中)
★★★★★




banner_02.gif←見たらクリックのご協力お願いします。
posted by Na’See at 14:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99822197
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。